【バンコク=田原徳容】タイ警察は22日、架空の石油投資話を持ちかけ多額の資金を違法に集めたとして広島県警から出資法違反容疑で指名手配されていた、熊本市の石油製品輸入会社「ジャパンエージェンシー」社長、永野衛容疑者(64)を入国管理法違反(不法滞在)容疑で逮捕した。

 ジャパンエージェンシーは1998~2006年に、36都道府県の約1500人から約46億円を集めていたとされ、広島県警が07年2月、出資法違反容疑で捜索していた。警察などによると、永野容疑者は2007年春ごろからタイに潜伏していた模様。

高松塚劣化「組織的な不作為」が要因 検討会報告書が指摘(産経新聞)
貨物船同士が衝突、2人不明=鳴門海峡-徳島(時事通信)
海洋汚染の確認は514件=2009年の海保まとめ(時事通信)
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高-厚労省調べ(時事通信)
10年度予算、24日成立=民・自が採決で合意(時事通信)