気象庁は8日、地球温暖化監視のために海洋観測を行う観測船「凌風丸」について、観測装置の不具合で二酸化炭素濃度の正常なデータが取得できなかったと発表した。同庁は二酸化炭素濃度測定を84年から実施しているが、データが取れなかったのは初めて。

 昨年9~11月と今年1~2月の航海でデータ取得に失敗した。大気や海水中の二酸化炭素濃度などを測定していたが、二酸化炭素濃度の観測装置につながる配管の継ぎ手3カ所に緩みがあったため、船内の空気が混入した。2月までの航海後、測定した海水中の二酸化炭素濃度が、通常予測される値より10%程度高い数値だったため異常に気付いた。

 同庁海洋気象課は「海水中の二酸化炭素濃度は他のデータから推定可能だが、同じ方法で計測し続けることで、より正確な温暖化傾向をつかめるのでデータが取得できなかった影響はある」と話している。【飯田和樹】

【関連ニュース】
日本野球機構:森林整備支援で北海道の4町などと協定
自民党:「地球温暖化対策基本法案」の対案を提出
温暖化対策法案:12日に閣議決定へ 排出総量規制基本に
COP16:新条約、来年に先送りの可能性 墨環境相示唆
EU:ポスト京都「年内は困難」

高級の逆襲 ブランド・百貨店、「良さ」PRで生き残り(産経新聞)
4都県警と鉄道会社連携=15日から痴漢対策強化期間-警察庁(時事通信)
大江健三郎賞に中村文則氏(時事通信)
民主岐阜県連が体制刷新を要求 小沢氏更迭論が背景(産経新聞)
日本人死刑執行、疑問・懸念で対中感情悪化も(読売新聞)