何者かに一部を破壊された漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公、両津勘吉の銅像「サンバ両さん像」に包帯が巻かれた。像のある葛飾区亀有の亀有中央商店街の男性による“応急手当て”。「両さんは商店街の仲間」との思いからだという。

 像の一部が壊されているのが見つかったのは18日。左手に持っていたマラカスが根元から折られていた。

 応急手当てをしたのは中央商店街理事長、鳥山太一さん(64)の長男、郁さん(35)。21日、破損部分を丁寧に包帯で巻き、肩からつるした。郁さんは「粘着テープを巻くこともできたが、両さんは商店街の仲間。包帯で手当てをしました」と話す。

 中央商店街を含む亀有地区商店街協議会(7商店街)は“両さん襲撃事件”を受け、21日夜から有志による夜警を開始。当分の間、警戒を続けるという。

 像を所有する区の広報課は「改めて皆さんに愛されていることが分かりました。区としても今月中に修理できるようにしたい」とコメントしている。

大詰め諫早湾開門、政治的思惑指摘の声も(読売新聞)
別れ話…女性宅に狂言強盗 犯人役と救出役 大学生2人容疑で逮捕(産経新聞)
影武者欲しい? 桜を見る会で、首相がそっくりさんと握手(産経新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
「5月末決着、変えるつもりない」 首相、普天間問題で(産経新聞)