19日午後2時ごろ、滋賀県近江八幡市上野町のJR篠原駅で、米原発網干行きの快速電車の運転士が電車を出発させたところ、運転台のブレーキレバーが突然、根元から折れた。運転士はレバーをつなぐ土台のネジの部分をつまみブレーキをかけ、電車を緊急停止させた。乗客約150人にけがはなく、快速電車は篠原駅で運行を取りやめた。

 JR西によると、ブレーキレバーが折れるトラブルは極めて珍しいといい、原因を調べるとともに、同型のレバーを搭載する223系と221系の全車両約1100両の緊急点検を始めた。

 ブレーキレバーは鉄製で、長さ約15センチ、直径2センチ。運転士がレバーを手前に引き、ブレーキを解除した直後に折れたという。

 この車両は平成9年3月に製造され、16年5月に車両を解体する全般検査が行われたが、ブレーキレバーに不具合は見つかっていなかった。この日朝の出庫前点検でも異常はなかったという。

 この運行トラブルで、4本が最高35分遅れ、計1200人に影響が出た。

【関連記事】
東京メトロ東西線、駅素通り 約20人降りられず
大阪市営地下鉄さらに人為ミス32件 公表基準を厳格化
運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線
脱線教訓…JR西の新型車両、初の試験走行で部品脱落
運転台画面に不具合で運休、7千人影響 兵庫のJR福知山線
中国が優等生路線に?

<ダイヤ鑑定かさ上げ>「何を信じれば」店舗・消費者戸惑い(毎日新聞)
H2A、発射地点に=あす金星探査機打ち上げ―種子島(時事通信)
<国家公務員>一般職の新規採用者数確定見送り 大臣折衝も(毎日新聞)
<沖縄の日>怒りの3800人 本土復帰38年の集いで(毎日新聞)
「宇宙大豆」、15日に打ち上げ=種子紛失被害の日本企業(時事通信)