2009年07月01日

XC90、ゲットン!

d1f9223d.JPG念願だったXC90が納車された。といっても納車したのは先週のハナシ。とりあえずETCだけ取り付けた。納車間もなくセンターコンソールをバラしてシガーソケットから電源をとり、アンテナをダッシュボード前面へ取り回し、いろいろ試行錯誤して取り付け完了。以前乗ってたV70よりも楽にバラすことができた。ディーラーからナビの取り付け説明書なるものをコピーしてもらったので、それがあってよかった。次はナビを取り付けたいが、ナビも新しいものに代えようかということでヤフオクで入札中。8インチモニターが使える2005年モデルのナビを本日落札予定。はたして無事落札できるか。入札金額が日に日に上がっていくのは胃が痛い。

ボルボXC90。こりゃまたスゴいクルマだ。通常走行はFFで、発進と水たまりやぬかるみでスリップすると四駆に早変わり。しかもFFと四駆の切り替えが0.005秒という早ワザ。日曜日は大雨で国分の実家から荒田に帰るときの高速道路に実感したのは、いつもなら時速100kmだと水たまりでハンドルをとられてしまってドキドキするところを、このXC90はいともカンタンにスイスイ走ってしまう。2130kgという車重のせいかもしれないが、まるで海の上を走っているかのよう。もっと驚いたのが、このクルマは5速のギアトロ。つまり5速オートマなににミッションのようにギアチェンジができますというシステム。今では当たり前のものだけど、こいつは2速発進はおろか、3速発進もしてしまう。エンストしてしまうかと思うがそこはハイテクのAT。像のようにノソーっと走ってしまいます。しかも人生初のターボ車。燃費も今のところリッター7.5km。この巨体で2521ccの排気量ということを考えると、まずまずか。高速ならリッター12kmは軽く超えちゃいます。

いいコトばかりはなく、やはりデメリットも。最小半径回転がなんと6m! そんでもって車幅は1900mm。レクサスLSよりも幅広。コインパーキングが苦手で、今まで2回挫折した。バックソナーが付いてるから、後退するときに後方からセンサーの音がして「も少しいけまっせ〜」と言ってくれる。実際はピピピーという音だが。しかし後方視界が悪いうえにデカいクルマなんで、ソナーだけでも不安。そこで登場するのが、ドラえもんが四次元ポケットから取り出すかのように言う「バックカメラ〜」。これもまたヤフオクで落札予定。今のところ僕一人しか入札してないんで大丈夫かも。当分ヤフオクにお世話になります。

オヤジが亡くなった今年、来月はいよいよ初盆だ。初盆の準備を少しずつしてる最中、またイヤなコトが舞い込んできた。お袋の母が入院。原因はオヤジと同じガン。肺ガンが濃厚らしいが、病院の医者曰く、余命半年もないでしょうと。抗がん剤を使って痛いけど延命させるか、家に戻らせて今しか出来ないことをしてもらうか。タイミング的には「今」しかないので、今度の土曜日に退院。本人には手術しなくて済んでよかったね〜とお袋と親戚と口裏合わせて話したけど、なんかツラい。お袋はオヤジが亡くなって間もないというのに、今度は祖母の番。せめて初盆を乗り切ってほしいところ。アタマが痛い。新しいクルマが来たけど、両手を挙げて喜べない。今のうちに連れていけるところは連れていってあげよう。今しか出来ないことは今すぐしよう。

v70 at 16:26│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字