第61回読売文学賞(読売新聞社主催)が決定した。贈呈式は18日午後6時から東京・内幸町の帝国ホテルで開かれる。受賞者は次の通り。(敬称略)

 小説賞=高村薫「太陽を曳く馬」(新潮社)▽戯曲・シナリオ賞=鴻上尚史 戯曲集「グローブ・ジャングル『虚構の劇団』旗揚げ3部作」(小学館)▽随筆・紀行賞=堀江敏幸「正弦曲線」(中央公論新社)▽評論・伝記賞=湯川豊「須賀敦子を読む」(新潮社)▽詩歌俳句賞=河野道代 詩集「花・蒸気・隔たり」(panta rhei)▽研究・翻訳賞=丸谷才一訳 ジェイムズ・ジョイス「若い藝術家の肖像」(集英社)

【関連ニュース】
【新刊本】『高村薫・藤原建 作家と新聞記者の対話』=高村 薫/藤原 健・著
小沢氏団体不透明会計:小沢氏会見 識者の感想
仮処分申請:読売新聞社の異議を地裁却下 広川の販売店主、地位保全決定 /福岡
震災復興フォーラム:被害抑制、備えが大切 高村薫さん講演--中央区 /兵庫
フォーラム:震災復興を考える 関学・災害復興制度研究所、あすから /兵庫

火災 給食室の一部焦がす 大阪・住之江の小学校(毎日新聞)
08年度決算を質疑=参院委(時事通信)
医療工学のレベル向上を目指し、28日にシンポ(医療介護CBニュース)
北海道知事「事実なら強く抗議」=国後沖銃撃(時事通信)
緊張感ゼロ“お遊戯国会”(産経新聞)