三菱重工業は2日、来月18日の金星探査機「あかつき」打ち上げに使われるH2Aロケット17号機を、ロケット製造部門の飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。

 17号機は全長53メートル、直径4メートル。すでに完成し、8日から種子島宇宙センター(鹿児島県南種子町)へ海上搬送される。

 H2Aは01年に1号機が打ち上げられた。7号機以降はすべて打ち上げに成功。09年1月には韓国の衛星打ち上げを受託し、海外から初の契約を獲得した。

 飛島工場では今夏打ち上げ予定の18号機の出荷前検査と、年度内に打ち上げるH2B2号機の組み立て作業も行われている。鈴木博工場長は「より多くの受注を得られるように、打ち上げ成功率100%を目指して完ぺきに生産する」と語った。【宮島寛】

【関連ニュース】
NASA:月のクレーターに氷6億トン
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
JAXA:「あかつき」と「イカロス」公開 5月打ち上げ
惑星の素顔が見えてきた/1 進む太陽系の探査
小惑星探査機「はやぶさ」

事業仕分け補佐役、民主1年生議員から公募(読売新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し-与謝野、平沼氏ら(時事通信)
<国際化学オリンピック>日本代表の高校生4人を発表(毎日新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)
雑記帳 愛称は「米子鬼太郎空港」(毎日新聞)