米軍普天間飛行場の移設反対派候補が勝利した沖縄県名護市長選の結果に「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」とした平野博文官房長官の発言に対し、与野党幹部から25日、批判が相次いだ。
 連立を組む国民新党の下地幹郎政調会長は、国会内で記者団に「現実離れした話だ。民意を大事にしないでこの問題を論議するのはおかしい」と反発した。
 また、自民党の石破茂政調会長は記者団に「選挙の前に言うべきだった。終わってから言うのは政府として無責任だ」と指摘。共産党の市田忠義書記局長も記者会見で「名護市民の意思を無視する暴言を吐いた。許されない。民意を何と心得るのか」と断じた。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕普天間移設「あらゆる可能性」=首相
大島自民幹事長「沖縄の世論は二分」=普天間
沖縄知事も「県外」表明を=稲嶺氏
官房長官の「斟酌理由ない」発言を批判=国民新・下地氏
普天間移設「あらゆる可能性」=現行案の選択肢残す

日本関係船の海賊被害半減=ソマリア沖海自護衛が一定効果(時事通信)
100年間進化のない「カレーうどん」を変えろ プロジェクト発足(産経新聞)
今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)
収支一覧を小沢氏に報告、池田元秘書が供述(読売新聞)
「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査-中教審特別委(時事通信)