国土交通省は29日、同省発注の水門工事をめぐる官製談合事件で、談合にかかわった旧建設省の元技監ら5人と、談合への関与が認定された建設業者23社に対し、総額8億6700万円の損害賠償を請求したと発表した。同省が官製談合防止法に基づいて元職員に損害賠償を求めたのは初めて。
 公正取引委員会は2007年3月、同省の元総合政策局課長補佐と元近畿地方整備局管理官が在職中だった01年7月~05年5月まで、同工事の受注予定業者指名で官製談合があったと認定。併せて、元技監と元国土地理院院長ら3人が業界団体に天下り後、談合に関与したことも判明したとして、同省に改善措置を講じるよう要請した。
 同省はこれを受けて、同法に基づく損害賠償の可否を調査。実際の落札率と適正な入札が実施された場合の想定落札率との差から賠償請求額を算定し、受注工事52件で8億6700万円の損害があったと判断した。 

【関連ニュース】
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
鳩山首相、日航再建を全面支援=衆院予算委で本格論戦スタート
国土面積増加幅、平成で最小=1年で東京ドーム63個分
消費増税、次期衆院選で問う=菅財務相インタビュー

<学生音コン>入賞者演奏会と表彰式 東京大会(毎日新聞)
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」-千葉県警(時事通信)
3人乗り漁船が不明=船体の一部発見-北海道(時事通信)
ブログ市長、庁舎内撮影禁止を一方的通告(スポーツ報知)
積雪で日暮里・舎人ライナー運転見合わせ 新幹線遅れも(産経新聞)