岐阜県中津川市で2005年2月、家族6人を殺傷したとして、殺人罪などに問われた、元中津川市老人保健施設事務長、原平被告(62)の控訴審判決が26日、名古屋高裁であった。

 片山俊雄裁判長は、無期懲役とした1審・岐阜地裁判決を支持し、死刑を求刑した検察側と、有期懲役を求めていた弁護側双方の控訴を棄却した。

 1審判決は、争点だった原被告の完全責任能力を認めたものの、一家心中の犯行で利得目的でないことや、周到な計画性、残虐性が認められないことを理由に、「一抹の酌量の余地がある」として無期懲役を選択していた。

 1審判決によると、原被告は05年2月27日、自宅で、長男・正さん(当時33歳)と母・チヨコさん(同85歳)をネクタイで絞殺。その後、長女・藤井こずえさん(同30歳)とその長男・孝平君(同2歳)、長女・彩菜ちゃん(同生後21日)を殺害し、こずえさんの夫孝之さん(44)を刃物で刺して、2週間のけがを負わせた。犯行後、原被告は自分の首を包丁で刺し、自殺を図った。

皇太子ご夫妻が「国際衛生年」会議にご出席(産経新聞)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
中3男子、マンションから飛び降り自殺か(読売新聞)
普天間最終決着6月以降にずれ込みも 官房長官(産経新聞)
自民党 政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)