日米両政府は17日、今月29、30両日にカナダで開かれる主要国(G8)外相会合に合わせ、岡田克也外相と米国のゲーツ国防長官の会談を今月末にワシントンで行う方向で調整に入った。日米関係筋が明らかにした。外相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で日本側の検討状況や日米核密約報告書について説明。米国の「核戦略見直し(NPR)」をめぐり、意見交換する。岡田氏はクリントン国務長官との会談も予定している。

【関連記事】
普天間移設の政府案は「非公表」 決定は4月ずれ込みの公算 
鳩山首相、ガス田問題で「東友愛の海にする努力必要」
普天間移設、日米外相会談で主要議題にならず 平野長官が指摘
米国務長官、イスラエルとのきずな強調 関係悪化を否定
3月末に日米外相会談 米国務次官補「G8外相会合で」

<普天間移設>鳩山首相「難しいけれど頑張っている」(毎日新聞)
可視化法案見送り 今国会 参院選後に時期協議(産経新聞)
医療提供者含む国民の声反映を-温暖化対策基本法案で日医(医療介護CBニュース)
九州北部に強風被害、北九州市で1人死亡(読売新聞)
債務整理で和解金返還を怠った弁護士らを依頼人が提訴(産経新聞)