北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件で、第1管区海上保安本部は10日、2隻が漁船の位置情報を示す衛星通信漁船管理システム(VMS)を故意に切っていた疑いが強まったとして、道海面漁業調整規則違反の疑いで、船長の自宅などの家宅捜索を始めた。容疑が固まり次第、船長2人を逮捕する。

 2隻は第58孝丸(19トン)と第63清美丸(同)。これまでの調べによると、安全操業の許可証は、出港から入港までの間にVMSの位置情報通信機の常時作動を義務付けているが、2隻からのVMSの送信は1月29日の銃撃前、約4時間半にわたって途絶えていた。

 1管は船長が安全操業で定められた水域を越えて操業していたことを隠すため、意図的にVMSを切っていた可能性があるとみている。【本間浩昭、坂井友子】

【関連ニュース】
漁船銃撃:船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い
露ヘリ銃撃:北海道の漁船を強制捜査へ 区域外操業の疑い
漁船銃撃:漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論
漁船銃撃:衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか

<ビル売却脱税>暴力団組長を起訴 東京地検特捜部(毎日新聞)
<JAXA理事長>米有人探査中止、日本への影響は限定的(毎日新聞)
隕石635個を採取=「世界一」奪還はならず-南極観測隊が会見・昭和基地(時事通信)
再診料下げ「経営を危惧」=診療報酬改定で-日医副会長(時事通信)
石川議員、離党届提出=地元で会見-民主(時事通信)