偽造した収入印紙を売却しようとしたとして、警視庁捜査2課は2日、詐欺未遂などの疑いで、東京都新宿区原町、自称マッサージ店店員、長島計之容疑者(47)を逮捕し、自宅などから額面200円の偽造収入印紙約1万枚を押収した。同課によると、長島容疑者は容疑を認めており、偽造収入印紙については「昨年、知人からもらった」と供述している。

 同課の調べによると、長島容疑者は4月1日夕、港区新橋の金券ショップで、額面200円の偽造収入印紙50枚を売却し、買い取り価格分の9千円をだまし取ろうとした疑いが持たれている。

 ざらざらとした手触りに違和感を覚えた店員が偽物と見破り、店長が警視庁へ通報。偽造収入印紙はミシン目の切取線があるなど作りは精巧だった。同課は詳しい入手先を調べる方針。

【関連記事】
AKB48イベントで複数の偽造握手券見つかる
お金ください! 「子ども手当て」に外国人殺到で大混乱
大手消費者金融装い「先に収入印紙で送って」 手数料詐欺に注意
偽装タクシー御用!ドア自動開閉できず、プレートも手作り
「オーシャンズ11」に憧れるも… 詐欺容疑の国会議員元秘書

谷垣氏、退陣か解散要求(産経新聞)
ビルの看板外れかけ、はしご車出動 大阪・四つ橋筋で一部通行止めに(産経新聞)
ひき逃げで新聞配達員死亡 京都・綾部(産経新聞)
エイチアイ、Android向け3DUIのソフトウェア技術で韓イノフィリアと協業
高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)