金町消防署は21日、葛飾区内のアパートで、子供が使い捨てライターで火遊びをしたことが原因で火災があったと発表した。この部屋は住宅用火災警報器が設置されており、ぼやで消し止められたという。

 金町消防署によると、20日午後11時ごろ、葛飾区南水元のアパート2階で30代の母親が就寝中、火災警報器が作動。母親が居間に行くと、車のおもちゃが焼けていた。母親はバケツで水をかけ、ぼやで消し止めた。けが人はなかった。就学前の長男が使い捨てライターで火遊びし、おもちゃに燃え移ったという。

 1日から一般家庭でも住宅用火災警報器の設置が都条例で義務づけられ、女性方でも3月に設置したばかりだった。金町消防署によると、警報器がなければ大きな被害になった可能性もあったという。

【関連記事】
子供の火遊び火災、5年で約200件も ライター火災の報告1件 茨城
「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕
幼児事故多発で100円ライター消えるかも?
消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡

所管法人の「お手盛り」融資、法務省が調査(読売新聞)
西岡参院議運委員長、「憲法審査会規程の未整備は遺憾」(産経新聞)
毒ぶどう酒差し戻し審開始、5月にも協議へ(読売新聞)
<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)
金塊7キロなど盗まれる=被害総額2000万円以上-福岡(時事通信)