第63回日本推理作家協会賞は23日、長編および連作短編集部門が、飴村行氏の「粘膜蜥蜴(とかげ)」(角川書店)と貫井徳郎氏の「乱反射」(朝日新聞出版)に決まった。短編部門は安東能明氏の「随監」(「小説新潮」2009年5月号)、評論その他の部門は小森健太朗氏の「英文学の地下水脈」(東京創元社)。賞金各50万円。授賞式は5月31日、東京・新橋の第一ホテル東京で。 

福祉国家論の有識者からヒアリング―厚労省PT(医療介護CBニュース)
堀内恒夫氏に参院選への出馬を打診 自民(産経新聞)
進次郎氏、高校の制服は腰パンでした(スポーツ報知)
足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)
新たなヒト幹細胞開発=神経、筋肉、肝臓に変化-安全な再生医療期待・東北大と京大(時事通信)