建て替えのため今月の興行後に取り壊される東京・東銀座の歌舞伎座で2日、最後の公演となる「御名残(おなごり)四月大歌舞伎」が初日を迎え、満員の観客でにぎわった。

 最後の公演には、人間国宝の中村芝翫(しかん)さん、坂田藤十郎さん、中村富十郎さん、尾上菊五郎さんら人気俳優が勢ぞろい。「熊谷陣屋(くまがいじんや)」「寺子屋」「助六」など人気の演目が並んだ。チケットは完売しているが、当日券の一幕見席を千秋楽の28日まで販売する。

 現在の歌舞伎座は昭和26年に開場した4代目で、新たな歌舞伎座は平成25年春に開場予定。東京都目黒区の日本語教師、重野美枝さん(44)は「毎月歌舞伎座へ来ていたので、最後の瞬間も過ごしたくて来ました」と感慨深げに話していた。

【関連記事】
歌舞伎座最後の公演、主要俳優が揃い踏み
4月30日に歌舞伎座閉場式 建て替え前の最後の公演
中村富十郎、一日消防署長は「一生の記念」
歌舞伎座3月公演 3部制で仁左衛門と玉三郎共演 それぞれの父しのぶ難役
中村勘三郎、歌舞伎座で最後の豆まき
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

北沢防衛相が仲井真沖縄知事と会談=普天間移設めぐり(時事通信)
救急の妊婦死亡「適切な処置せず」医師書類送検(読売新聞)
<重度障害者>脳波で意思表示 産総研が開発(毎日新聞)
スーツケース遺体事件で逮捕へ=60歳の男、死体遺棄容疑-石川県警(時事通信)
薬害再発防止策で医療機関の薬剤師増員など明記―厚労省検討委(医療介護CBニュース)