外国為替証拠金取引(FX)をめぐり無登録営業で出資金を集め、顧客から1300万円をだまし取ったとして、金融商品取引法違反と詐欺の罪に問われた投資会社「アライド」代表社員、杉本淑枝被告(38)の論告求刑公判が21日、大阪地裁(安永健次裁判官)で開かれた。検察側は「運用の失敗を知られまいとの動機は身勝手で、刑事責任は重大」として、杉本被告に懲役4年、罰金200万円、法人としての同社に罰金300万円を求刑した。判決は2月23日。

【関連記事】
FX投資詐欺アライド社、幹部2人再逮捕 容疑は否認
カリスマトレーダー容疑認める アライド無登録FX初公判
FX投資事件の幹部3人を再逮捕
FX投資事件で女トレーダーら3人を起訴
【衝撃事件の核心】堕ちた「カリスマ女トレーダー」

「真価問われる」民主・輿石氏が結束呼びかけ(読売新聞)
間寛平さん、前立腺がんに=「世界一周は続ける」(時事通信)
「命にかかわる事業以外は廃止」=夕張派遣職員らが意見交換-愛知県春日井市(時事通信)
友人に成り済まし免許取得=スリランカ人2人を逮捕-警視庁(時事通信)
<JR千歳線>線路に破断 1万5000人に影響(毎日新聞)