自民党の舛添要一前厚生労働相は24日午前のフジテレビの番組で、自身の政治活動について「国民から拒否された古い自民党のままいっていいという人たちが(党内の)マジョリティーなら、われわれが出るしかないじゃないか」と述べ、夏の参院選前に打ち出す経済政策などの提言が党改革に反映されない場合は、離党もあり得るとの考えを示した。
 ただ、「今、党の中で一生懸命努力している。まず自分の力、自分の言ってることがマジョリティーを持つように全力を挙げて努力することが大前提だ」と述べ、当面は党内にとどまり自民党再生に取り組む考えを強調した。 

首相「検察へ圧力ない」 陸山会事件発言で釈明 参院代表質問(産経新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
補正予算案の25日採決で合意 衆院予算委(産経新聞)
与党議員PTを設置へ=経産省(時事通信)
側近逮捕にも変わらぬ支配力 小沢チルドレンは断固支持(スポーツ報知)