文部科学省は29日、国公立大2次試験の募集人員が計10万12人だったと訂正した。富山大が医学部前期日程の募集を実際より少なく報告していたことが分かり、これまでの発表から20人増えた。
 ほかに集計ミスもあり、公立大の出願受け付け学部数が一つ減って162に、2段階選抜を予告した公立大が1大学1学部増えて18大学42学部となった。
 独自の日程で試験を行う国際教養大、新潟県立大、新見公立大は集計には含まれていない。 

【関連ニュース】
前年上回る1.0倍=出願状況の中間集計

桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕 (産経新聞)
<平野官房長官>米大統領の広島訪問の意向を歓迎(毎日新聞)
発見遺体は不明女性=中国人男ら遺棄容疑で逮捕へ-兵庫県警(時事通信)
「美しすぎる市議」藤川優里氏が登場 自民党大会(産経新聞)
<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)