鳩山首相は22日午前、長崎県知事選で与党推薦候補が敗れたことについて、「国政の影響があったことは否めない。やはり政治とカネの問題の影響を受けたと言うべきだ。真摯(しんし)に受け止める必要がある」と述べ、自身の偽装献金事件や小沢民主党幹事長の資金管理団体を巡る政治資金規正法違反事件などが敗北につながったとの認識を示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 そのうえで、「初めての新しい予算が(国会を)通れば、地域経済を必ず大きくプラスの方向に転じさせることができる」と語り、2010年度予算案の年度内成立に全力を挙げる考えを強調した。

<行橋市長選>現職の八並康一氏が3選(毎日新聞)
裁判員や補充裁判員が質問=「借金知っていたのか」-2人強殺初公判・鳥取地裁(時事通信)
<災害伝言板>携帯用 5社横断で利用できるように改善(毎日新聞)
「外国人参政権判決は金科玉条ではない」園部元判事の証言要旨(産経新聞)
スーパー入り口に2乳児遺体=凍結状態、ポリ袋に-愛知(時事通信)