日本独自の文化や風土を味わう連続講座「日本・至高なる美を求めて」が都内のギャラリーで行われている。井尻千男・拓殖大日本文化研究所顧問と竹本忠雄・筑波大名誉教授、田中英道・東北大名誉教授の3氏を迎え、基調講義と対話の2部形式で実施される。伊佐ホームズ主催で月1回、各回定員約40人、受講料1回3千円。

 第8回は「庭園論 アンチ・シンメトリーの世界」をテーマに井尻氏の講義の後、3氏が論じる。15日午後2~5時、東京都目黒区東が丘のギャラリー櫟(くぬぎ)で。要予約で申し込みは(電)03・5712・5513。

介護が政治に望むこと(6)「介護福祉士からキャリアアップできる専門資格を創出し、人材確保を」―介護福祉士会・石橋真二会長(医療介護CBニュース)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
新幹線車両の部品紛失=パンタグラフの板-JR東日本(時事通信)
<鳥取連続不審死>捜査本部が解散 半年間にわたる捜査終結(毎日新聞)
「金に困り…」盗んだカードで30万円分給油(産経新聞)