地下鉄、松本両サリン事件や坂本堤弁護士一家殺害など11事件で殺人などの罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けたオウム真理教元幹部・新実智光被告(45)の上告審判決が19日、最高裁第3小法廷であり、近藤崇晴裁判長は新実被告の上告を棄却した。死刑が確定する。

 教団による一連の事件で死刑判決を受けた13人のうち、すでに麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚(54)ら9人の死刑が確定しており、新実被告で10人目。

 1、2審判決によると、新実被告は松本死刑囚らと共謀。1995年3月20日、営団地下鉄(当時)3路線の5電車でサリンを散布して計12人を殺害するなど、計26人が犠牲になった教団による殺人事件7件すべてにかかわった。

小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取要請を応諾(産経新聞)
<介護報酬不正受給>松坂市が8000万円返還請求へ 三重(毎日新聞)
民主の「金権体質」、自民が追及へ=公明「わが党なら即辞職」(時事通信)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
張十段が先勝 第34期棋聖戦(産経新聞)