塩漬けにした魚や干物、たらこなどの塩蔵食品をたくさん食べる人は、胃がんだけでなく、がん全体のリスクが高まるとの研究結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が4日、公表した。

 津金部長は「胃がんが中心とみられるが、がん全体のリスクを左右するほど塩蔵食品の影響は大きいと考えられる。食べるのを控えれば、がんのリスクを下げることができる」と話している。

 岩手、沖縄など8県の45~74歳の約8万人を平均約8年間、追跡調査。4476人ががんと診断され、2066人が脳卒中や心筋梗塞(こうそく)などの循環器疾患を発症した。食生活に関するアンケート結果から、塩蔵食品や、こうした食品を含む塩分すべての摂取量によって5グループに分け、病気との関係を分析した。

 がんのリスクは、塩分摂取量による違いはほとんどなかったが、塩蔵魚や干物を最も多く食べるグループ(1日当たり61グラム)は最も少ないグループ(同0・8グラム)の1・11倍、魚卵では最多グループ(同7・3グラム)は最少グループ(同0グラム)の1・15倍だった。

【関連記事】
乳がんリスク 食生活で低減 大豆、魚介、乳酸菌…抑制・予防効果
働き盛り襲う心臓突然死 ストレス引き金…心身管理が大切
寛平さんも…前立腺がん増加 食生活の肉食化、遺伝的側面も
肺がん死リスク8倍…喫煙は「棺桶の釘」
偏りのない食事を 生活習慣点検+検診=がん予防

<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
小沢幹事長、続投の見通し(読売新聞)
糖尿病根治療法に道=拒絶反応の仕組み解明-福岡大、理研(時事通信)
小沢氏不起訴、地検特捜部長の一問一答(読売新聞)
<北九州市>釜山と門司間、5月に新フェリー就航(毎日新聞)