東証1部上場の建設会社「福田組」(新潟市)が関東信越国税局の税務調査を受け、07年12月期までの4年間で約5億円の所得隠しを指摘されていたことが分かった。重加算税を含めた追徴税額は2億数千万円に上るという。

 同社の説明などによると、同社は東京都内のマンションの建設工事を文京区の不動産会社から受注した際、用地買収に伴う地元関係者への「地元対策費」を負担。これを経費として損金処理していたが、税務調査の結果、経費として認められず、不正に利益を圧縮した所得隠しと認定されたという。

 また、建設工事の下請けに関係会社を参入させ、水増しして支払った工事代金を経費として処理していたケースもあったという。

 毎日新聞の取材に対し、同社は「国税局と見解の相違はあったが修正申告した」と話している。

 同社の創業家は、民主党の小沢一郎幹事長の妻の実家で、妻は約136万株を保有する個人で3番目の大株主。小沢幹事長も約1万6320株を保有している。【石丸整】

【関連ニュース】
GWG買収:韓国逃亡の会計士、脱税容疑で逮捕 東京地検
防衛脱税事件:秋山被告の公判が結審 3月29日に判決
旧GWG:企業買収の仲介脱税事件 公認会計士逮捕へ
ビル売却脱税:暴力団組長を起訴 東京地検特捜部
脱税:容疑の社長ら逮捕…名古屋地検

中国で児童ポルノ撮影、逮捕=年齢鑑定し少女と特定-兵庫県警(時事通信)
J&J日本元代表を在宅起訴=5800万円脱税-東京地検(時事通信)
天下り14法人に公募要請=厚労省(時事通信)
<沖縄密約訴訟>東京地裁で結審…判決は4月9日(毎日新聞)
<端午の節句>サトウハチローの詩で童謡、CDなど寄贈へ(毎日新聞)