常温で加工しやすく、従来の合金よりも強度や伸縮性に優れた新たな鉄系形状記憶合金を、東北大大学院工学研究科の田中優樹研究員らのグループが開発した。研究成果は19日付米科学誌サイエンスに掲載された。
 田中研究員は「医療器具の進歩が期待できるほか、震動エネルギーの吸収にも優れており、耐震素材としての活用も見込まれる」と実用化に期待している。
 形状記憶合金はゴムのように伸縮し、曲げても戻る特性を持つため、医療用カテーテルや眼鏡フレームなど多方面で利用されている。しかし、その多くはチタン・ニッケル合金で、常温で加工しにくく製造コストが掛かることが課題だった。
 研究グループは、伸縮性はあるがもろいため実用化されなかった鉄を主体とした形状記憶合金に着目。アルミニウムを使うことで強度を向上させたという。
 開発された鉄系形状記憶合金は、チタン・ニッケル合金に比べ伸縮性は2倍、強度は1.5倍。エネルギー吸収力も5倍で、「大きな地震の揺れを抑え建物のダメージを軽減させてくれる」(田中研究員)という。グループは今後、企業と連携して量産化技術を確立したいとしている。 

【関連ニュース】
強毒の混合ウイルス作製=鳥のH5N1と季節性インフル
ヨウ素から不斉合成触媒を開発=次世代抗生物質の生成に期待
大豆製品で肺がんリスク減=非喫煙男性の場合
精子をマウス体内で成熟=子豚が初誕生、品種改良に応用へ
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功

原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
【自民党「苦悩」の現場】「邦夫の乱」は収束 執行部批判…幹部からも(産経新聞)
4人組強盗、1人確保=東京・兜町の会社(時事通信)
「TOKYO1週間」「KANSAI1週間」休刊、講談社(産経新聞)
百貨店→駅 高級店舗が続々シフト(産経新聞)