中央防災会議の専門調査会は2日まとめた報告書に、超大型台風が東京湾を襲った場合の高潮の被害想定を盛り込んだ。浸水面積が琵琶湖の半分近くの約2万8000ヘクタールに及ぶ最悪のケースでは、死者が約7600人に達し、孤立者数がピーク時には約80万人に達すると推計した。報告書は市区町村を超えた広域避難の必要性を指摘し、自治体に連携して避難計画を策定することなどを提言した。

 調査会は死者行方不明者3000人超の室戸台風(1934年)と、同5000人超の伊勢湾台風(59年)クラスの台風による被害を想定。温暖化の影響で海面水位が上昇したケースや、漂流物により水門が閉鎖できないケースなど6パターンの被害を推計した。

 浸水が想定される範囲は神奈川県横須賀市から千葉県袖ケ浦市の沿岸部。最悪の場合、深さ50センチ以上の浸水が2週間以上続く地域が約5100ヘクタールある。孤立者数が80万人となるのは事前に避難する人がいなかった場合で、潮位が最も高くなってから3時間後。2週間たっても孤立したままの恐れがある人も約44万人に上るという。【福永方人】

【関連ニュース】
<連載>備える:水害対策/1 増える集中豪雨と都市型被害
避難勧告:災害被害発生に58%間に合わず--市町村
【関連写真特集】日本の水害

<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
教頭が大麻「自分で吸うため」自宅に所持し逮捕(スポーツ報知)
<普天間移設>仲井真沖縄知事と平野長官が会談…東京都内で(毎日新聞)
<佳子さま>高等科の入学式に出席(毎日新聞)
谷町線で保守中ケーブル切断 15万人影響(産経新聞)