独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センターはこのほど、2008年の成人の喫煙率が男性36.8%、女性9.1%だったと発表した。1995年以降、男性はすべての年齢階級で減少傾向にあるが、女性は30歳代と40歳代で増加傾向にある。07年6月に策定された国の「がん対策推進基本計画」では、発がんリスクの低減を図るため、喫煙の及ぼす健康影響についてすべての国民が十分に認識することなどをたばこ対策の目標に掲げている。

 発表したのは、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」と「国民生活基礎調査」のうち、国と都道府県別の喫煙状況のデータを基にまとめたもの。

 07年の成人喫煙率を都道府県別に見ると、男性では青森(45.3%)、北海道(43.9%)、福島(42.8%)などで高く、女性では北海道(20.6%)、東京(14.9%)、神奈川と青森(14.7%)などの順だった。一方、低いのは、男性では奈良(34.9%)、島根(35.8%)、京都(36.6%)など。女性では島根(7.0%)、鹿児島(7.9%)、福井(8.1%)などだった。


【関連記事】
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
喫煙経験のない男性、イソフラボン摂取で肺がんリスク低下
世界対がんデー、がん予防を訴え専門家らが講演
たばこ価格、毎年百円上げ千円に-禁煙推進議連・小宮山幹事長
たばこ価格の引き上げを緊急提言-がん対策推進協

休憩中の病院 患者装い窃盗 容疑の男逮捕(産経新聞)
「アバター」海賊版DVD所持=著作権法違反、露天商を逮捕-大阪(時事通信)
普天間で米大統領に協力要請へ=鳩山首相、核サミットへ出発(時事通信)
日本ユニシス、企業向け教育プラットフォームサービスに英語表示やお知らせ機能を追加
のり食べる生活に適応=日本人の腸内細菌群-消化遺伝子取り込む・仏大学(時事通信)