民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で起訴された元会計事務担当の衆院議員、石川知裕被告(36)が5日午後5時50分ごろ、東京・小菅の東京拘置所から保釈された。同罪で起訴された石川被告の後任の会計事務担当で元私設秘書の池田光智被告(32)と、元会計責任者で公設第1秘書の大久保隆規被告(48)も間もなく保釈される見通し。

 東京地裁は同日、石川被告ら3人について、保釈を認める決定を出し、石川被告が1200万円、大久保被告が700万円、池田被告が300万円の保釈保証金を納付していた。

 起訴状によると、石川、大久保両被告は平成16年10月に陸山会が東京都世田谷区の土地を購入した際、小沢氏からの借入金4億円や関連政治団体からの寄付1億4500万円を政治資金収支報告書に記載しなかったなどとされる。大久保、池田両被告は19年に小沢氏に支出した4億円などを記載しなかったとされる。

【関連記事】
小沢氏不起訴 「十二分の証拠」が壁 あぶり出された政治家の嘘
「民主の倫理観」批判 辞職勧告不採決で自民・大島氏
特捜部、小沢捜査続行 国税当局とタッグでリベンジへ
石川被告への辞職勧告「審議するにあたらず」 山岡氏
政治責任を改めて問う 国会は証人喚問で疑惑解明を

<強制退去>違法とクルド人兄妹が名古屋入国管理局を提訴(毎日新聞)
「婚活殺人」被害男性「ブログ」に 「逮捕よかったね」コメント相次ぐ(J-CASTニュース)
【名言格言の味わい】正直に明るく、滑稽に(産経新聞)
確定拠出年金、加入上限65歳に拡大へ(読売新聞)
東海道新幹線 乗客缶詰めなぜ 「再開遅れる」避難見送り(産経新聞)