福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)は19日午前の閣議後の記者会見で、国会同意人事の決定手続きについて「社民党としては切実な、大事な問題だ。どういうルールがいいのか今後も検討するし、首相官邸内でも検討してほしい。何らかの合意形成をしたい」と述べ、事前審査の復活などを改めて求める考えを示した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

美人過ぎる市議「私は発展途上」(スポーツ報知)
消費増税、景気には中立=目的税化で雇用創出も-菅財務相(時事通信)
追加経済対策、鳩山首相に進言=亀井氏(時事通信)
『嫌韓流』作者のマンガ新刊 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」(J-CASTニュース)
高校無償化法案が審議入り=4月から施行へ-参院(時事通信)