29日午前1時45分ごろ、大阪市阿倍野区の市営地下鉄谷町線(大日-八尾南)の阿倍野-文の里駅間で、作業車が誤って電気ケーブルを損傷。阿倍野-八尾南間のポイント転換や信号の制御などができなくなった。この影響で谷町九丁目-八尾南間が、午前9時すぎに復旧するまで始発から4時間あまり不通となった。

 大阪市交通局によると、29日未明の終電後、保守作業車が撤去するレールをクレーンで吊っていたところ、クレーンの先端が天井の信号通信関係のケーブルに接触し、7本が損傷した。このため、谷町線は始発から大日-谷町九丁目間で折り返し運転をしていたが、午前9時10分に全線の運行を始めた。

 このトラブルで上下106本が運休し15万2千人に影響した。

 市営地下鉄では15日に長堀鶴見緑地線で、自動列車制御装置(ATC)を解除した電車が走行を続け、ホーム内の代替車両の約70メートル手前で急停止するトラブルがあったばかり。

【関連記事】
東京メトロ丸ノ内線、一時運転見合わせ
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
阪神間のJR3区間で停電、一時運転見合わせ
長野新幹線、雪の影響で一時運転見合わせ

放射性物質の分析装置に焦げ跡=環境、人体に影響なし-茨城(時事通信)
元光GENJIメンバーに実刑=裁判官「更生を期待」-千葉地裁(時事通信)
首相、普天間移設先「現地の了解とりつける」(産経新聞)
4月は目前なのに…比叡山で雪、冬なみ冷え込む(産経新聞)
子ども手当 外国人タレントから疑問続々「母国に子供いてラッキー」(産経新聞)