東京23区内で見つかった死因不明の遺体を調べる東京都監察医務院(文京区)で、解剖の必要がない男性(75)の遺体を別人と取り違え、行政解剖していたことが23日、分かった。
 同医務院は解剖後、男性に関する書類を書き換え、事実を公表していなかった。都が詳しい経緯を調査している。 

【関連ニュース】
ひき逃げ事件で別人の写真放送=25日に2度

<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)
両陛下が平等院ご訪問(産経新聞)
こんにゃくゼリー対策で初会合=死亡事故多発受け-消費者庁(時事通信)
<火災>住宅全焼、遺体見つかる 山林も延焼 東京・八王子(毎日新聞)
「違法拘束で採尿」覚せい剤事件の男性無罪(読売新聞)