東京都は21日、今春のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨春の約3割、過去10年平均の3~4割の見込みと発表した。

 飛散開始日の予測は2月7~11日ごろと平年より1週間ほど早く、飛散花粉数が多い日数は20日程度と昨春の41日から半減する見通しとなっている。

 花粉量が少ない要因として、スギ・ヒノキ花粉の成長に影響を与える7、8月の日照量が、昨夏は首都圏で例年の6~8割に止まったことなどが要因という。

 都では2月1日から携帯電話サイトやテレホンサービスなどで花粉予報の提供を始める。

筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン(医療介護CBニュース)
中学の学力試験で教諭が不適切行為 足立区(産経新聞)
<市川猿弥さん>「初春花形歌舞伎」を休演(毎日新聞)
岸和田周辺でひったくり5件、同一犯か 大阪(産経新聞)