2008年6月、17人が死傷した秋葉原無差別連続殺傷事件の初公判が28日、東京地裁で開かれる。殺人罪などに問われた元派遣社員加藤智大被告(27)は、自ら出席した公判前整理手続きで、長期審理になることの感想を問われても、「弁護士に任せています」と、無関心な態度を見せた。一方、拘置所内で供述調書を読むなど、公判に向けた準備は進めているという。
 加藤被告は起訴後、東京拘置所で過ごしている。弁護人によると、弁護人以外との面会には応じていない。別の関係者によると、自室内で事件の記録に目を通し、自身や被害者らの供述調書も読んでいるという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
秋葉原殺傷、28日に初公判=責任能力が最大争点
震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
責任能力など争点に=整理手続きが終了

<窃盗>見張り役は小5、38歳父親を起訴 神戸(毎日新聞)
<脅迫>小沢幹事長宅に実弾?入り郵便 政治姿勢を批判(毎日新聞)
名護市長選 稲嶺氏初当選 移設反対派が勝利 鳩山政権、代替案急務に(産経新聞)
<災害復興学会>防災研究者らが避難生活ガイド(毎日新聞)
朝は1問だけに制限=首相の発言のぶれ懸念? (時事通信)