11日午後7時頃、長野県千曲市土口の「古大穴神社」で行われていた御柱祭で、御柱の木を垂直に立てる「建御柱」の最中に木が倒れ、木をロープでひっぱっていた氏子が下敷きになり、近くに住む会社員篠宮宏幸さん(38)が頭を強く打って死亡し、男性3人が重軽傷を負った。

 千曲署の発表によると、倒れた木は長さ約10メートル、直径約30センチ。同神社付近ではこの日、氏子が御柱2本をひいて回り、最後に神社境内で建御柱を行っていた。

 1本目を立て終わり、2本目を立てる最中に木が倒れたという。

<香南市長選>現職の仙頭氏が再選 高知(毎日新聞)
山崎さん、物資搬送続ける=野口さんと共同作業(時事通信)
小沢幹事長「訪米計画ない」 米国務省  (産経新聞)
子ども手当「外国人に590人分支給」 「まったくのデマ」で騒ぎに(J-CASTニュース)
車内ライター、簡単着火の電子式か…4児焼死(読売新聞)