朝日新聞が永住外国人地方参政権(選挙権)に関する全国世論調査の記事をウェブサイト上に掲載した際、誤って沖縄県名護市の有権者を対象としたと記事中で説明していたことが21日、分かった。読者の指摘で誤りに気付き、約1時間20分後に訂正したという。

 記事は19日未明、「外国人参政権に賛成60%、反対29%」との見出しで掲載された。本文中では「全国世論調査」と説明していたのに、調査方法に関する記述は「名護市内の有権者を対象に調査した」と説明していた。

 このため、ネット上では「参政権推進の目的で、名護市での調査結果を全国調査と偽ったのではないか」との憶測も出ていた。朝日新聞社広報部は「誤って(24日投開票の)名護市長選情勢調査の調査方法の内容を掲載してしまった」と説明している。

【関連記事】
外国人参政権反対 自民議連再開
国民新党が総務省に通告「参政権法案は厳しい」
外国人参政権、谷垣氏も「反対」
外国人地方参政権付与法案には「反対」 自民・谷垣氏
自民が外国人地方参政権付与に反対する議連の活動を再開へ

子ども手当支給で内閣支持回復…民主・山岡氏(読売新聞)
2日ぶり国会、問いかけに答えず=小沢氏(時事通信)
「闘って」首相改めて釈明…参院代表質問(読売新聞)
<南極>日本が初の各国基地査察へ 廃棄物の適正処理などで(毎日新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)