日本初の動物園である上野動物園(東京都台東区)の目玉だったジャイアントパンダのリンリンが一昨年4月に死亡して以来、パンダ不在となっていた同園で今年4月以降、再びパンダの飼育展示を再開することが12日、分かった。同日の定例会見で石原慎太郎都知事が明らかにした。

 東京都や同園では昨春以降、中国当局と新たなパンダの貸与について交渉。だが、年間1億円とされる高額のレンタル料や、中国の四川大地震などの影響で難航していたが、このたび双方で条件が合意した。

 石原知事は「地元からの要望も強く、全国の子供たちに希少動物の大切さを伝えていきたい。繁殖にも挑戦する」と語った。

【関連記事】
起爆剤はホッキョクグマ 行動展示へ14億円かけ新放飼場 上野動物園
「イグ・ノーベル賞」パンダのふんで生ごみ減量の田口名誉教授受賞
【石原知事会見詳報】上野動物園「工夫足りない」
パンダ不在…上野動物園300万人割れ
“チュー目”してね 上野動物園で「干支展」人気

東北の販売店 プリウス修理開始 不安解消へ作業急ぐ(河北新報)
長女傷害容疑、継母を逮捕=11月に死亡、日常的に虐待か-兵庫県警(時事通信)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張-大阪地裁(時事通信)
<アルコール>分解能力を調べるスピード検査法を開発(毎日新聞)