2020年05月19日

 新型コロナ感染症の拡大は、今や政治・経済に大きな影響をもたらしています。また、感染の拡大は、社会生活の有り様を変化させています。そして、ボランティア活動や地域活動もまた、大きな制約を受けています。

 新型コロナ感染症は、これまでボランティア活動や地域活動が築き上げてきた、"人と人のつながり・絆・関係性”を切り離す結果となっています。

 しかし、こうした厳しい状況の中でも、地域では、様々な団体が細心の注意を払いながら活動を継続しています。例えば、先日紹介させていただいた鎌倉市の「ふらっとカフェ鎌倉」の活動もその一例です。

 (社福)世田谷ボランティア協会では、「ハガキで励ましつながろう、おうちですごそうプロジェクト」として、新型コロナのため家に居る高齢者に、ハガキで元気を届ける取り組みを行っています。
また、同協会のHPの活動情報コーナーには、NPO法人シニア・コミュニティの「世田谷下田総合病院の医療従事者を支援しましょう」という、医療従事者の食事支援(配達)スタッフ募集の取り組みが紹介されています。

header_01[1]


 (社福)東京都社会福祉協議会の東京ボランティア・市民活動センター(TVAC)のHPには、「新型コロナの中でのボランティア・市民活動 参考事例集」が掲載されています。
同事例集に掲載されている事例は、次の通りです。 
  〇「孤立・孤独が心配な方へ電話で声かけ」
  〇「デジタルでの新しい集い・onLINEカフェの開催」
  〇「Zoomに挑戦・ブログで情報発信」
  〇「楽しいアイディアをたずねる手紙」
  〇「親がリフレッシュできる話題をブログで発信、
    通信を郵送に変更」
     〇「家にいてもできるフシギ?&オドロキ!の
    実験工作!動画などをWEB配信」

東京ボラセン


 もちろん全国各地で行われていると思います。愛媛では地元紙に取り上げられた「シトラスリボン」運動が行われているそうです。この運動は、医療従事者の方々への差別を防ごうという趣旨で始められたとのことです。

 先行きは見通せませんが、コロナ禍後のボランティア活動の再構築に向けて、私たちは協力し支えあいながら、頑張っていかなければならないと思っています。(阪)







v_learningv_learning at 20:44│コメント(0)ボランティア活動 | 地域活動・青少年活動

2020年05月14日

 このほど、 『国立教育政策研究所・社会教育実践研究センター』(NIER)は、「ボランティアの学びと地域課題解決学習の推進に関する調査研究報告書」を発表しました。

202003-03[1]



   この報告書は、同研究センターが「奉仕活動・体験活動の推進・定着のための研究開発」を目的に、平成30年・31年度にかけて研究委員会を開催し、取りまとめたものです。
内容は、都道府県・指定都市・中核市(121)、社会教育施設(398)、ボランティア団体(163)を対象にしたアンケート調査結果、及び4つの施設に対するヒヤリング調査報告、さらに6つの施設・団体の実践事例報告で構成されています。

  委員を務めた、本協会代表理事の興梠寛(昭和女子大学教授)は、「変化する教育課題に柔軟に対応しながら、地域の住民が育んだ特色ある地域課題解決学習の優れた実践事例が見えてくる。」と分析・報告しています。

 報告書の詳細は、社会教育実践研究センターのホームページでご覧ください。
                               (事務局)


v_learningv_learning at 15:39│コメント(0)ボランティア活動 | 会員の活動

2020年05月05日

緊急企画:栄養バランスのとれたお弁当を皆様に】

フラットカフェ鎌倉の「フードバンク」活動は、先ほどの
ブログ記事でご紹介したとおりです。


今回、緊急企画として、この連休中に栄養バランスの
とれた「ふらっとカフェ鎌倉・日替わりおまかせ弁当」の
販売を行います! 
通常のふらっとカフェ鎌倉とは違い、テイクアウトのみ
です。

感染症予防を考慮し、スムーズなお渡しができるよう、
前日までに予約とさせていただきます。

◆概要

 ●開催期間     5月3日(日)~6日(水)
 ●時間・場所    午前11時半~午後1時半
                               トラットリアフォンテ        
 ●前日予約制(完全予約販売)
 ●お弁当販売価格 600円 
   (持ち帰り用の袋をご持参ください)
 ※お弁当の内容はおまかせ。日替わりです!!
 ※ランチタイム対応

◆予約先(問合せ:トラットリアフォンテ)
  0467ー67ー7796

◆目的
 ●地域の方への食事支援
 ●フードロスの防止
 ●フードバンク提供食材を生かして、栄養バランス
  を考えたお弁当の提供

ふらっとカフェ鎌倉


(大坪直子)



v_learningv_learning at 14:06│コメント(0)地域活動・青少年活動 | ボランティア活動

   新型コロナウイルスによる活動制限の中で
       ーふらっとカフェ鎌倉の活動ー

「ふらっとカフェ鎌倉」は、2017年4月より鎌倉市内の「地域食堂」として、地域のカフェやレストラン、高齢者施設やお寺まで、さまざまな店舗や施設のご協力を得て、さまざまな世代の方々の参加をいただきながら、毎週のように活動をしてきました。

今年2月後半より新型コロナウイルスの感染が広がり始め、高齢者施設での活動などが難しくなる中、それでも地域とのつながりを維持していきたいと、3月半ばまで活動をしていましたが、3月末より人々が集うこと自体を避けることが感染拡大を防止するために必要だということになってきましたので、活動自体を中止せざるを得なくなりました。

学校が一斉休校になり、仕事を休めない親御さんが毎日の子どもたちの昼食に困っているという声があがる中、鎌倉市内のいくつかのレストランやカフェなどで子どもたちのために昼食に提供することで地域の助け合いをしていきたい、という動きがありました。一方、学校給食のために用意されている食材が残ってしまい、このままでは廃棄処分されてしまうという相談も寄せられ、ふらっとカフェ鎌倉のフードバンクの機能を生かして、余った食材を昼食支援の団体に提供する、ということを始めました。

「ふらっとカフェ鎌倉」では市内限定のフードバンクの活動を行い、フードロスを減らすための活動をしてきました。また、市内のさまざまなレストランやカフェなどの店舗とも普段の活動を通じて「つながり」ができていたことがこの活動ができた大きな要素だったかと思います。

4月22日も普段どおりの活動を予定していたソンベカフェでもテイクアウトでのお弁当を事前予約で20食販売しました。毎月活動場所を提供してくださっている高齢者施設静養館でも寄付食材を使った食事を提供していただきました。

いただいたはんぺん


また、この連休中にも活動先のフォンテという店舗でフードバンクによる食材を活用して「ふらっとカフェ弁当」の販売を行います。こちらは子どもたちだけでなく、一人暮らしの高齢者の方たちにも提供することをめざしています。

本来、ボランティア活動や市民活動は人と人とのつながりを大切に助け合うことをめざした活動だと思います。新型コロナウイルスによってそのつながりを絶たれてしまい、活動をできない厳しい事態です。ただ、普段からの活動をこのような時にどのように活かすのか、また、この体験を次の活動にどのようにつなげていくのか、今はそのようなことを考えながら、終息を待ち望む多くのボランティアの方々や参加者の皆さんとまた同じ食卓を囲む日を待ち望んでいます。

(大坪直子)




v_learningv_learning at 13:30│コメント(0)ボランティア活動 | 地域活動・青少年活動

2020年04月04日

沖縄県の高等学校文化連盟から、昨年(2019年)7月31日から8月2日にかけて行われた「第23回高校生ボランティア活動『肝清祭』」の模様を記録した「報告書」をいただきました。
沖縄高文連が主催するこの「肝清祭(ちむじゅらさい)」には、本協会は、共催団体として協力させていただいています。

沖縄19年7月報告書


第23回の「肝清祭(ちむじゅらさい)」は、沖縄県立名護青少年の家を主会場に、「小さな島から大きな世界へ知らないを学ぶ~つながれ高校生の輪~」をスローガンに、沖縄県内の高校生60人が参加して行われました。

この「肝清祭(ちむじゅらさい)」の取り組みは、高校生たちが様々な体験活動に参加し、学びを深め、ボランティア活動の充実・活性化につなげていくことを目的として行われています。

今回も高校生たちは、第一日目に全体フィールドワークとして「国立療養所愛楽園見学」に参加。また、二日目には、グループに分かれて4つの個別フィールドワークに参加し、様々な体験活動を行い、相互交流を深めました。

【全体フィールドワーク】
〇ハンセン病をめぐる人々の『たたかい』~沖縄愛楽園のきのう・きょう・あした~」
   (国立療養所愛楽園)
【個別フィールドワーク】
①「『自然環境問題を考える』へ・・・」
   (やんばる野生生物保護センター)
②「地域の高齢者から学ぶ~島豆腐づくり~」
    (大北公民館)
③「福祉を学ぶ~多機能型事業所『いしなぐ』へ」
 (いしなぐ事業所)
④「異文化理解」~ペルー料理の実習を通して~

2沖縄活動


3沖縄活動


沖縄活動4
(写真は、開催ポスターで紹介されているものです)


参加した高校生の感想の一部をご紹介します。

〇「これからも人とのつながりを大事にしようと強く思いました。本当に貴重な体験ができてよかったです。」

〇「フィールドワークで身近なところに大きな問題があることを知り、私自身を成長させる良い経験にになりました。」

〇「これからは一方的なボランティアではなく、受け手が何を求めているのか、多方面から考え、よりよいボランティア活動を行っていきたいです。」

本協会として、ますますの活動の充実をお祈りしています。
                             (事務局)



v_learningv_learning at 22:26│コメント(0)ボランティア活動 | お知らせ

2020年04月02日

新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部ボランティアセンターから、ボランティア活動情報誌をお送りいただきました。

活動情報誌のタイトルは「SEIRYO VOLUNTEER」。
ユニークな内容のものになっています。

青陵大学情報誌

新潟青陵大学のボランティアセンターは、2010年(平成22年)に大学の施設として設立され、以来様々な取組が行われてきています。

この間、2013年(平成25年)には、「学生ボランティアコーディネーター」制度が設けられ、学生自身がボランティアセンターの直属スタッフとして活躍しています。

現在活躍している学生は30名。今回の活動情報誌も、学生ボランティアコーディネーターがその制作にあたったものだそうです。

情報誌の内容については、こちらのサイトからご覧ください
                             (事務局)






v_learningv_learning at 19:56│コメント(0)ボランティア活動 | お知らせ

2020年03月31日

このほど成蹊大学(東京都武蔵野市)のボランティア支援センターから、「2018年度年次報告書」をお送りいただきました。

成蹊大学 2018報告書


成蹊大学のボランティア支援センターは、2014年4月に大学の付属機関として開設されたセンターで、成蹊大学の学生および教職員が一体となり、ボランティア等の社会貢献・地域交流活動を推進し、これらを支援することを目的としています。

同センターは、2014年の開設以来、地元武蔵野市の地域団体とも連携しながら、充実した活動を行っている大学ボランティアセンターの一つとして知られています。

報告書には、様々な活動が紹介されていますので、その内容はこちらからご覧ください。
                       (事務局)



v_learningv_learning at 20:04│コメント(0)ボランティア活動 | お知らせ

2020年03月28日

新型コロナウイルスの感染が拡大しつつある中で、小学校
や中学校などでは、休校措置がとられています。
学校が休校の間は、子どもたちは家庭で学習を行うことと
なっています。

このような状況の中で、子どもたちの学習を支援する輪が
拡がっており、様々な支援サイトが開設されています。

そこで、文部科学省では、今月(3月)初めから、いろいろ
な支援サイトをとりまとめたポータルサイトを公開しています。

サイトの名称は、「臨時休業期間における学習支援コン
テンツポータルサイト(子供の学び応援サイト)」

子ども応援サイト


このサイトでは、学校種ごとに教科学習にかかる教材など
様々なコンテンツが紹介されていますが、この中には、
「マスクのつくり方」も紹介されています。

文部科学省によると、このサイトへのアクセスはかなりの
数に及んでいるそうです。
子どもたちの学びのコンテンツをお探しの方は、どうぞ
サイトを検索の上、ご利用されてはいかがでしょうか。
(阪)










v_learningv_learning at 23:30│コメント(0)お知らせ │
記事検索