2018年03月05日

さる2月17日に、東京代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、第4回ボランティア学習東京フォーラム(学習会)が開かれました。参加者は15名(学生・OB10名を含む。)でした。

冒頭、講師の興梠氏(本協会代表理事)から、若者とボランティア活動について3点にわたって「疑問」が提起されました。また、6名の学生やOBから、それぞれの活動体験を踏まえて、多様な視点から基調提案がありました。

その後、参加者は、若者3~4名と大人2~3名のグループに分かれて、「私たちは卒業後何をするのか、何ができるのか」について、話し合いを行い、グループ発表を行いました。

限られた時間の中でのグループ討議と発表でしたが、世代を超えた話し合いの中に「発見」があり、思いを自由に語り合う場を是非やりたいなどの意見が出されるなど、充実した学習の場となりました。

今回の学習会の詳細は、協会HPの「主な取組」の「人材育成」のページで紹介する予定です。(事務局)

CIMG3230





v_learningv_learning at 19:01│コメント(0)協会の動き | ボランティア活動

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索