2018年10月22日

本協会では、きたる12月1日(土)に、「ボランティア学習 東京フォーラム2018」を、「昭和女子大学」(東京都世田谷区)で開催します。
「東京フォーラム2018」には、会員の方だけでなく、関心のある学生の方、卒業生など、どなたでもご自由に参加いただけます。たくさんの方々のご参加をお待ちしています。会費は無料です。 

  2018東京フォーラム開催チラシ


     ボランティア学習東京フォーラム2018□
     ワークキャンプの研究
  ~若者たちが見つめたリアルな真実~

1.メッセージ
 12月5日は、1985年に国際連合により採択された『国際ボランティアの日』(International Volunteer Day)です。
 「だれひとり置き去りにしない世界をめざして」をテーマに、2030年をゴールに17分野169の行動提案を定めた『SDGs』(持続可能な開発目標)は、とくにボランティア・NGOなどの市民社会の役割の重要性を強調しています。
 
 そこで、いま世界の若者たちの静かなムーブメントとなっている「ワークキャンプ」に注目し、若者たちによる多様な実践事例研究をもとに、ボランティア活動に秘められた学びの世界を探求したいと思います。

2.主催
  昭和女子大学コミュニティサービスラーニングセンター
  日本ボランティア学習協会
  特定非営利活動法人 good

3.日時
  2018年12月1日(土) 13:30~16:30

4.会場
  昭和女子大学 キャンパス1号館4階4S34教室
     (※会場は、末尾の地図を参照)

5.プログラム
(1)セッションⅠ:実践レポート「若者たちがワークキャンプ
   でみたリアルな真実」
  〇東日本大震災被災地・女川町の人びととの交流から
    学んだこと
  〇長野県の伊那谷の人びととの暮らしに学ぶ"風と土"
    との織りなす世界
  〇タイ・ミャンマー・ラオス国境に生きる山岳民族の命
    のメッセージ
  〇スリランカの民衆とともに働き探る"新しい自分"
    とは?
(2)セッションⅡ:シンポジウム「ワークキャンプに秘めら
   れた学びの構造」
  〇西尾雄志(近畿大学総合社会学部准教授)
  〇磯田浩司(特定非営利活動法人 good代表理事)
  〇興梠 寛(昭和女子大学コミュニティサービス
    ラーニングセンター長)
  〇高島弘行(日本ボランティア学習協会理事)
   ー司会進行

6.参加費
  無料

7.参加申込み方法
  件名に「東京フォーラム2018」と明記し、本文に
  ①氏名(フリガナ)、②所属、を記載の上、
  次のアドレスに、事前にメールでお申込み下さい。
      csl@swu.ac.jp
                        (事務局)       

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
参考:《昭和女子大学へのアクセス方法》
 https://office.swu.ac.jp/campusmap/

 〇アクセス方法(路線図)

アクセス方法



 〇構内図
構内図










v_learningv_learning at 21:55│コメント(0)協会の動き | お知らせ

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索