2018年11月21日

本会会員の服部さん(協会理事)と木下さんから、最近刊行された図書について紹介をいただきました。次のような内容の図書です。
学生の皆さんだけでなく関係の方々にも大いに参考になる図書ではないでしょうか。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   「実践で学ぶ! 学生の社会貢献」

201810月、本協会会員の木下直子、服部英二もその一部を担当執筆している「実践で学ぶ! 学生の社会貢献-スポーツとボランティアでつながる-」(成文堂)が出版されました。私たちの近況に代えて、この本の内容を少しご紹介します。

学生の社会貢献


この本は、両会員が勤務する桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部の現職教員らが中心となり、外部のスポーツ関係者にも協力を呼びかけ、総勢27名の執筆者によってスポーツや健康について学んでいる学生たちを主な対象に、スポーツボランティアの実践の書として編纂されたものです。

主な内容は、次のとおりです。


第1章 概 説

1社会貢献活動/2学生が社会貢献活動に関わる意義/
3ボランティア活動/4スポーツボランティア/
5共生社会からの意義-東京2020に向けた日本の変化-
/6社会貢献と健康

第 2 章  どのような人と関わるのか

1障害者①-障害とは-/2障害者②-身体障害-/
3障害者③-知的障害・発達障害-/4障害者④
-精神障害-/5障害者⑤-車いす使用者に対する
ガイド例-/6障害者⑥-視覚障害者・聴覚障害者に
対するガイド例/7障害者⑦-クラス分け-
/8障害者⑧-関連資格・養成講習-/9高齢者の特性/
10子どもとは/11子ども①-乳幼児・学童-/12子ども②
-小学校-/13子ども③-中学校-/14子ども④
-インクルーシブ教育-/15子ども⑤-障害児-
/16子ども⑥-児童施設-/17外国人/18女性の健康
づくり/19スポーツとジェンダー

第3章 どこで活動するのか

1組織・団体/2指定管理者制度/3総合型地域スポーツ
クラブ/4グループホーム/5介護施設/6療育機関/
7野外活動関連施設

第4章 スポーツ・運動指導にあたって

1指導者としての心得/2運動指導論①-概説-/
3運動指導論②-子ども-/4運動指導論③-障害者-/
5運動指導論④-高齢者-/6ケガの予防/
7ストレッチング/8テーピング

第5章 ケガ・事故の防止

1応急手当(ファーストエイド)/2一次救命措置
(Basic Life Support:BLS)/3リスクマネジメント
(法的対応)/4熱中症対策/5障害者を対象とした
イベント運営

第6章 地域支援

1防災支援・農業支援・健康支援


第7章 実習現場から

1サービス・ラーニング実習-桐蔭横浜大学の例-/
2「サービス・ラーニング実習」参加者の声
3「サービス・ラーニング実習」協力機関・団体紹介/
4官学連携事業での健康支援ボランティア

             (木下直子 服部英二)


※なお、この図書に関するお問い合わせは下記あてに
 お願いします。(事務局)

桐蔭横浜大学 スポーツ健康政策学部
サービス・ラーニングラボ
服部・木下
☎/Fax 045-974-5066
E‐mail:hattori@toin.ac.jp

            

 








 



v_learningv_learning at 20:51│コメント(0)会員の活動 | ボランティア活動

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索