台湾米旅行ガイド大手のフォダーズ(Fodor's)がこのほど、インターネット上で「死ぬまでに一度は参加したい世界14のカーニバル」(順位なし)を公開、台湾からは新北市・平渓の天灯祭りが選ばれた。

111




天灯祭りは旧正月の締めくくりにあたる元宵節(旧暦1月15日)の夜に、空に向かって紙製の熱気球(天灯)を飛ばす平渓ならではの風物詩。

333

フォダーズでは、毎年春節休み(2014年は1月30日~2月4日まで)の期間中、イベントに参加しようと多くの見物客が平渓につめかけ、10万を超える天灯が夜空を彩る幻想的な雰囲気を楽しんでおり、さらにご当地グルメや花火も楽しめるなどと選出の理由を説明している。

222

444

現地までは台湾鉄道・平渓線の利用が可能で、台鉄と江ノ島電鉄(神奈川県)との観光連携協定で来年3月31日まで1日乗車券の無料交換サービスが行われている。日本の旅行客が江ノ電で使用済みの1日乗車券をパスポート提示の下、台湾の台北駅か瑞芳駅に持参すれば「平渓線1日周遊券」が無償で提供される。

平渓の天灯祭りのほかに、ブラジル・リオデジャネイロのカーニバル、ドイツ・ミュンヘンの「オクトーバーフェスト」、アメリカ・ニューメキシコ州の「アルバカーキ国際気球フェスティバル」、インド最大の祭り「ディーワーリー(光のフェスティバル)」、メキシコの「死者の日」などもリストアップされている。


参照:http://japan.cna.com.tw/news/atra/201312070006.aspx


聶白白
台湾のお祭りが選ばれるなんてすごいなぁ。


李翊菱
雰囲気があり美しいイベントだけど、自然に悪い影響を及ぼすイベントでもあるんだよね…。


Mei Ju Su
天灯の内側は水素ガスなんだよ
ね。それを空に放すのは良くないことだよ~。


榮金煥
自然に有害なイベントだと思うので、開催しないでほしい。


Joe Lin
環境破壊につながるイベントには賛成できないなぁ。


Wu Molly
天灯を飛ばすことは環境破壊につながるし、火災も簡単に発生させてしまうんだよ~~~。


林建文
人々の願いが込められた天灯が、ゆっくりと空へと登る美しい光景……。しかし、燃え尽きない天灯は山中に落ち、山や家や、時には車を燃やしてしまう。私たち皆が平渓に住んでいるわけではないので自分たちの家が燃えることはないけど……そう考えるとチョットね……。


路過鄉民
平渓の住民は、このイベントを快く思ってないんだよな。イベント期間中は毎日五時間ほどハラハラしなければいけないからな。ゴミは大量に出るし、山や家は燃えるし…。


金醬送
天灯祭りって、ゴミ製造祭りだろ。

Paul Sun

天灯は飛ばさずに、土産物屋で売っている小さな天灯の置物を購入しよう!

Hung-Chen Chung

それと、「死ぬまでに一度は参加したい」ではなく「人生で必ず一度は参加したい」という言い方をしてほしい。