Brain

数独にはまってます(今頃・・)

LifeTouchのセキュリティモデルのニュースを見て、久々にLifeTouchの仕様を確認したところ、現在、LifeTouchにはAndroid 2.2がインストールされていますね。おぉ〜っ!と思って、Smartiaの方を確認に行ったら、特に動きはありませんでした。残念・・。

私のSmartiaは、相変わらず本体ストレージの容量がひっ迫していて、アプリの選別を繰り返しております・・。先日はとうとうSmartiaでは、たまにしか利用しないゲーム類をすべて削除してしまいました。と言うことで、SmartiaもSDにアプリを入れられるAndroide 2.2 にアップデートして欲しいんですけどねぇ・・・。Flashも見れますし・・。

*

それはさておき、代わりに同じくいつも持ち歩いているBrainにゲームを入れることにしました。ゲームを物色していて、見つけたのがこちらです。

11082500
skinz sudoku


「skinz sudoku」と言う数独のゲームです。私はこちらの「SHARP製電子辞書BrainのWindowsCEを活用する」さんの記事を参考にして、導入したのでv1.00のものを入れているのですが、改めてこの記事を書くために検索したところv1.21v1.30が出ているみたいですね。入れ替えようかな・・。(上の画像をよく見たら、既に1.30ですね・・)

ちなみに、「SHARP製電子辞書BrainのWindowsCEを活用する」さんの記事に書かれている、導入の際に必要なMSCEINFと言うソフトはWindows用のアプリです。ですが、MacでもWineBottlerと言うソフトを入れておけば、問題なく動作させる事ができました。念のため・・・。

さて、このゲーム。Brain用ではなくて、Windows Mobile端末用のため、ご覧の通り240x320の画面サイズになっています。ゲームのモードは「easy」「normal」「hard」「insane」の4つ。「insane」はBrainで調べたところ、「正気でない」「狂気の」と言う意味だそうです。つまり、すごく難しいモードと言う事ですね。

11082501
「normal」までは簡単


数独はこれまでもやった事はありますが、簡単な問題ばかりやっていたためか、それほど興味を持てませんでした。が、今回「hard」にトライしたところ・・・・、解けません・・・。

11082502
だいぶ慣れてきてもこの時間…


ここ一週間、毎日の様にやっていますが、やっと慣れてきたところでこれです。全部の枠に可能性のある数字を入れるだけで、20分以上かかってます・・。こっから悩み始めて、1時間はすぐ来てしまいます。しかも解けない・・・。

暇つぶしにはいいんですが、めちゃくちゃ時間の無駄ですね・・。でも、とても面白いです。


※これを書いてる時に解けた〜!でも、CeOpenerを立ち上げてなかったので、画像は無しです・・・。ほんとですよっ!


   

CEをオープンする

生きてます。と言うことで、大変な地震でした。と過去形で書くのもおかしいくらい現在進行形な現在の状況ですが、私自身の被害は部屋の中がぐちゃぐちゃになった程度で大したことはありませんでした。でも、何となく更新する気になれなくてと言う感じですかね。放射線の状況も気になりますしね・・。ま〜、このブログを更新することに意味があるのかどうかは知りませんが、できるところから以前の状態に戻していこうかと言うことで、また更新を再開することにします。

*

さて、Brain用にmisroSDを購入しました。Kingstonの4GBのものです。まあ、Brain用なので、1000円以内で購入しようと物色していたところ、4GBくらいがちょうどいい価格帯の様でした。スタンドアロンの電子辞書で4GBも必要かどうか微妙な気もしますが・・。

11033100
8GBだと、1000円超える


いろいろ調べていると、SDカード内に「アプリ」と言うフォルダを作成して、そこに一定の規則でアプリケーションを入れると、Brain側から利用できる様になるらしいです。

「アプリ」ですか。Macでは「プ」が「フ」と半濁点で分けて作成される可能性があるので、微妙な感じがします。取りあえず、自動で作成されないか購入したてのmicroSDをBrainに入れ、その後にMacで中を見てみる事にします。

microSDを挿し、「追加アプリ」をクリックしてみると・・・。

11033101
分かってます


該当するデータが無い旨が表示されました。それはそれとして、このままUSBでMacに接続してみます。

USBケーブルを挿して、「パソコン接続」→「メモリーカードと接続」を押したところ、Brainの表示は「メモリーカードとパソコンを接続中!」と出ましたが、Mac側はうんともすんとも言いません・・・。う〜ん、標準的なUSBストレージではないんでしょうか・・?WindowsCEだけに、Windows以外は排除している可能性もなきにしもあらず・・。

この辺り、もし独自方式なのであれば、どの程度開発に負荷がかかるのかは知りませんが、独自方式では無く標準的な仕様にして欲しいですね。それだけで、MacやLinux等、マーケットが広がる可能性があると思うんですけどねぇ・・。もちろん、Windows以外は動作保証はしませんと言う事でもかまいませんが・・。

仕方が無いので、カードリーダにmicroSDを入れて読み込んでみたところ、空っぽでした。

11033102
そんな予想はしてましたが・・


と言う事で、うまく行くか分かりませんが、Macで「アプリ」と言うフォルダを作成して、「ceOpener」と言うアプリを入れてみます。

Brainで確認したところ、ちゃんと認識されました!

11033103
よかった〜


起動してみたところ、問題なく動きました。

画面下にある「SHARP Simulator」と言うボタンを押すとBrain本来の動作もできる様ですが、タスクバー(?)が残ってしまいますね。ま、排他的に利用した方が良さげな気がします。

11033104
微妙


さて、何を入れましょうかねぇ。



【参考】
電子辞書 Brain 関連
Brain Ce @wiki
BrainWiki
Brain(電子辞書) - Wikipedia

WindowsCE電子辞書Brainが面白いらしい - 氏家備忘録/非実用日記群
SHARP製電子辞書で任意のWindowsCE向けアプリケーションを起動させる事が可能に - U.N.ixは天敵なのか?狂気のOS・NT
SHARP BrainのWindows CEを活用する - 2ちゃんねる
シャープの電子辞書が「ザウルス」になる? - 西田宗千佳のBeyond the Mobile
TcppSH



 

新TOEICテスト完全攻略

以前、Smartia用のカバーはたぶんないとか書いてましたが、エレコムがシリコンケース液晶保護フィルムを出してました。LifeTouch用と書かれていますが、たぶんSmartiaでも使えるでしょう。

*

さて、以前、購入した電子辞書のBrainですが、手元に届いた時にフル充電してから約2ヶ月が経とうと言うにもかかわらず、まだ、再充電してなかったりします。電池マークは半分を切ってしまったので、そろそろ充電しようかなぁと思ってますが、どこまで持つか試したい気もしています・・。電池の持ちがいいです。

さて、そんなBrainですが、当然、辞書機能をメインに利用しています。今回、それに加えてTOEIC関連のコンテンツを使いましたので、それを紹介しておきましょう。

TOEIC関連は「新TOEICテスト完全攻略」と「TOEICテストの英文法」の二つのコンテンツが含まれていますが、今回利用したのはこちら。

11031000
テストアプリです


先日、TOEICを受ける事になったんですが、そう言えば、電子辞書にTOEIC系のコンテンツも含まれていたなぁ・・。と、一応確認してみたところ、この「新TOEICテスト完全攻略」が結構、使える…と言うか、楽しいものでした。

立ち上げると、このようなメニューが出てきます。

11031001
「実力診断」が気になる


目に留まったのが、一番上の「実力診断」です。ヘルプで確認したところ「7つのPartがバランス良く配分された短時間で行える20問のミニテスト」だとの事。で、実際にやってみたところ、大体、5分〜10分くらいで終了して、予想点数はぶれはあるものの大体私の点数の周辺を示していたので、まあまあ参考にはなる感じです。

で、成績も後から確認できて、平均の正答率なんかを見てみると、自分がどこが弱いのかが見て取れたりもします。

11031002
5回分のみ保存される様子


一通り試してみましたが、「実力診断」が一番面白いです。脳トレ系のアプリとすることもできるんじゃないかなぁと言う感じです。何回もやってると以前回答した問題が出て来る事もありますが、まあ、それは仕方がないところですかね。電子辞書の購入を考えている方は、この辺のアプリケーションの状況もよく確認されるとよろしいんじゃないかと思われます。こう言うのは一つ一つが本で買えば2000円〜3000円程度はするもんなので、電子辞書って、かなりお得ですよね。

11031003
登録しちゃいました


ちなみに、このアプリは手書きパッドのメニュー(My辞書画面)にも登録してしまいました・・。




   

Brain購入しました

先週、購入すると言っていましたが、実際にあの後すぐに購入致しました。

で、届いたのがこちら。

11012000
PW-AC910-S


まあ、前回比較した限りでは、2000円の差が感じられなかったので・・・、と言う感じですね。

開いている写真は各所で見かけるのですが、閉じてるところが見当たらなかったので、一応ここに載せときます。こんな感じです。

11012001
天板はつるつる


写真じゃ分かりにくいですかね。天板はかなり白に近い銀です。「シャイニングシルバー」と言う様子。本体が黒で、天板が銀のツートンカラー。かつてのザウルスを彷彿とさせます。ザウルスの時は最初微妙に感じてたんですが、慣れるとまあこれもありかなと言う感じになりました。今回は特に違和感なし。もし、違和感を感じる方がいらしたら、「慣れ」です。そこは特に気にしないでいましょう。

で、付属していたパーツがこちら。

11012003
USBケーブル、ACアダプタ、ステレオイヤホン


USBケーブル(miniB ←→ A)とACアダプタとステレオイヤホンです。

USBって、何ができんの?と(今)思って、説明書を見たところ、どうもPCと接続するとリムーバブルディスクとして認識されるとの事です。なんかファイルのやり取りができる様ですね。何ができるかは、現時点ではよくわかりません。加えて、専用のダウンロードコンテンツ管理ソフトを利用すると、ダウンロードしたXDMFのコンテンツをBrainに取り込む事ができる様です。でも、Windowsが必要な様子・・。

ACアダプタは、NetWalkerと端子が同じなら便利だなぁと思っていましたが、違いました・・。また一つコンセントが必要になります・・。

そして、イヤホン。ステレオミニプラグなんですが、耳側(イヤーピースと言うんでしょうか?)は、Lサイズですね。普段、私はSサイズのものを利用しているので、ちょっと大きく感じます。ま、特に付属のものを使う必要はないので、別にどちらでもかまいませんが・・。

*

さて、実際にちょっとだけ触ってみた感触ですが、以前、NetWalkerに辞書を導入した時と比べると、やはり段違いに使いやすいですね。特に単語を次々に調べていく時や、英和辞書と広辞苑とか複数の辞書を渡っていく時は非常に便利です。さすが専用機だけ会って、その辺の作り込みはできています。

microSDスロットがついているのですが、メディアは付属していなかったので、買って来る必要があります。この中にWikipediaとか、ネット上の特殊な辞書データを入れて活用したいと思っているのですが、できますでしょうかね・・?後、WindowsCE向けのアプリも試してみたいと思っていますが、Smartiaがあるので、それほど重要性は高くないか・・。

以上、電子辞書を購入しましたと言う事で。ちなみに、この記事を書いている時点でまだ売ってます。結構在庫があるのかな?


Brain購入します

年末に急浮上してきた電子辞書ですが、やっぱり欲しいので、買う事にしました。ですが、発端となったシャープの電子辞書大処分市からではなく、後から発見したベスト電器で買おうかと思います。

ベスト電器で販売されていたもののうち、狙っているのが、PW-AC910-SPW-AC920-Sの2機種です。価格差が2000円。どんな差分があるのか一応、チェックしときます。

PW-AC910-SPW-AC920-S
日本語知識事典6テーマ×
使ってトクする英語 損する英語135テーマ×
デイリー日韓英・韓日英辞典日韓英 約14,000項目
韓日英 約 5,700項目
×
大人のIQテスト150問×
新TOEIC® テスト 完全攻略音声マークあり音声マークなし
TOEIC® テストの英文法600項目×
集中!思考アンサー5×約2,000問
即答!思考アンサー5×約2,000問
日本語検定 公式テキスト 「日本語」初級×約1,000項目
日本語検定 公式テキスト 「日本語」中級×約1,500項目
日本語検定 公式テキスト 「日本語」上級×約1,500項目
経済新語辞典 07約4,000語×
経済・ビジネス基本用語 4000語辞典×約4,000項目
会計・監査プロフェッショナル用語辞典×約2,200語
ビジネス法務プロフェッショナル用語辞典×約550語
EBM 正しい治療がわかる本177疾病×
花作り花育てQ&A収録品種 70品種
収録画像 約340点
×


製品マニュアルもざ〜っと見てみましたが、機能的な違いは無さげな感じですね。また、製品ページでコンテンツを比較しましたが、大した意味の感じられない並べ替えをしてますねぇ・・。比較がしにくい事この上なかったです。で、ご覧の通り多少の差分はある様です。

さて、今から購入にかかりますが、どちらを買いましょう? どちらを買ったかは・・・。当ブログでそのうち発表致します。(別にどうでもいい?)


記事検索





キャンペーン
ショップ


ビックカメラ.com





ゲーム・古本・DVD・CD・トレカ・フィギュア 通販ショップの駿河屋



Kojima.net(コジマネット)【PC・携帯共通】



ソニーストア













ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】120*60



デル株式会社



ブックオフオンライン
レンタルサーバー






Amazon


Powered by




ONKYO DIRECT
  • ライブドアブログ