世界一周ヴァガボンディング

世界一周終わり。2009年3月11日帰国しました。

8年目2度目の浮気と別れ

8年連れ添ったツレとお別れした。8年前に買ったクラブマンというバイクと。

中型免許を取った後、最初に買ったバイクでこいつなしに生活できないほど毎日乗っていた。
ずーっと下道で北海道まで走ったのは本当にいい思い出。
IMG_0350

その後大型免許を取り、W650に浮気したが結局売り払いクラブマン一筋に。
DSC02401

そして今回、クラブマンを手放し、Harley Davidsonとお付き合いすることになった。

ハーレーを買うつもりなんて1ミリもなかったけど、大学の後輩が手放すということでクラブマンを後輩に託し、ハーレーは僕の元へ。もともとは大学時代にバイトしていたところの社員さんが購入したハーレーで、後輩の手にわたりその後僕の元へ来ることになった。
完全に「縁」が僕にハーレーを授けてくれた。本当に感謝。

オアフ島に行った時に初めてハーレーに乗ってから、
(ハワイでは日本の中型免許を持っていればハーレーに乗れるし、ノーヘルで運転もOK!国際免許も不要!)
自分がおじさんになった頃にでも乗れたらいいなーと思っていたのがまさか20代で手にできるとは思わなかった。小さな夢がひとつ叶いました。改めてありがとう!大切に乗ります!

IMG_1769
世界一周中にハワイで借りたハーレー。

立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。

6月、前に行った立山にまた行ってきた。
前回行った様子はこちらのエントリから。
大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート

立山の雪の大谷は例年、5月いっぱいまで見れるらしいのだが、今年は雪が多かったらしく6月初旬までたまたま延長していた。そしてたまたまその期間に休みがあり、実家に帰るついでに日帰りで行ってきた。

前回同様、まずケーブルカーで登る。
IMGP3324

そしてバスに乗り換えて室堂に向かう。
途中でわざわざバスを止めて見せてくれる称名滝。落差が日本一の滝(!)らしい。知らんかった!
IMGP3328

東京は最高気温27°C程度あるなか、バスの周りは全然溶けていない雪だらけ。室堂に着いたらダウンジャケットを着た。
室堂からの風景。真ん中の雪の切れ目が雪の大谷。
IMGP3336

本日の高さは12,5メートル!すごいけど延長期間だけあってこれでも結構溶けていたのが残念。
IMGP3346続きを読む

本日入籍いたしました。

長い人生を真剣に考え、僕にはどうしても先にはめておきたい人生のパズルのピースがありました。
世界一周というピース。
行けるタイミングは結婚する前か、定年退職後しか自分には思いつきませんでした。
また、どちらか選ぶなら絶対に結婚する前だと考えるようになりました。

そう考えてから彼女にふざけ半分で世界一周の話をしだし、ずっとジャブを打ち続けていました。
このペースでお金を貯めればこのくらいで出発できるだろうとわかったとき、割と真面目に世界一周に本当に行くことを伝え、「一緒にいかない?」と誘いました。

「行かない。」と言われました。

その後何度か確認するも、答えは
「1年は待つ。それ以上は知らない。」でした。
僕は年頃の女性を自分のわがままで1年間縛り付けるなんてことはできないと思っていました。
ずっと彼女に何と言うべきか迷っていました。

出発日の朝、僕は「待っていなくてもいいよ。」という内容の手紙を半泣きで書きました。
彼女の答えは以前と変わらず一貫して「1年は待つ。それ以上は知らない。」でした。

僕はこの、どちらも譲らない関係がよかったのかなと思います。
「1年は待つ。それ以上は知らない。」
「1年で帰るけど待っていなくていい。」
これがどちらかでも
「お願いだから行かないで。」
「お願いだから待ってて。」
となったら今日、この日はなかったかもしれません。

こうして無事に世界一周を終え、僕はもう結婚前にどうしてもしたいことは何一つなくなりました。

先にはめた、真ん中のパズルのピースは他のピースをはめる良い道しるべになりました。
同じピースでも、最後の方にはめるのではなく早いうちにはめることは大きな意味を持つことがよく分かりました。

もし心の奥に閉まっている真ん中のピースがあるなら、人生の早いうちにはめてみてください。
それで後悔することはないはずです。少なくとも一大決心をして旅をしていた人たちに後悔している人はいませんでした。

旅のブログということで、一人でも多くの人がヴァガボンディング(放浪)をして多くの体験をし、それをもって周りの人に還元してくれれば幸いです。

それでは、世界中で見たような幸せな家庭を築きます。
皆様、今後ともよろしくお願いいたします。

b83358f6
記念に食べに行ったランチ。

バリ島再び。 2008年 3月11-14日

インドネシアの続きを。

インドネシア編の全エントリはこちら。日付順。

出発!到着! 2008年2月24日 1日目
クタにて 2日目
モンキーフォレスト 2008年 2月26日 3日目 inウブド
再会の日 2008年 2月27日 4日目 inウブド
2008年 2月28,29日 5,6日目 in ギリ・トゥラワガン
結婚式に参加してしまった 2008年 3月1日 7日目 in ギリ・メノ
セレモニーの日 2008年 3月2日 8日目 inギリ・メノ
のんびりゆったりの日 2008年 3月3日 9日目 inギリ・メノ
ダウンの日 2008年 3月4日 10日目 inギリ・メノ
パーティーinレジェンド 2008年 3月5日 11日目 inギリ・アイル
ワンデーホームステイ・前編 2008年 3月6日 12日目 inマタラム
ワンデーホームステイ・後編 2008年 3月6日 13日目 inマタラム
【世界のトイレ事情】インドネシア編
忘れられない光景を見た日 2008年 3月7日 14日目 inギリ・メノ&トゥラワガン
カメの産卵を見た日 2008年 3月8日 15日目 inギリ・メノ&トゥラワガン
虹が出た! 2008年 3月9日 16日目 inギリ・メノ
ギリメノ最終日 2008年 3月10日

バリ島に戻り、ヒックスおすすめのイナダロスメンにチェックインをした。インドネシア人がおすすめするインドネシアの宿だけに安くてきれいですごく良かった!シングルが約700円。クタ周辺の安宿なら絶対ここです。あんまりバリにバックパッカーっていないけど。
IMG_0847
そしてご飯もヒックスおすすめの屋台の焼き鳥「サテ」を食べた。毎日食べたけど飽きないくらいのおいしさ!
旅をしてるとたま〜にうまっ!ってものに出会うけど、これは旅中に出会った一番最初の逸品だった。インドネシアに行ったらナシゴレンよりサテを試してみてください。できれば屋台の焼き立てのサテを。

食べ終わり、お代を払おうとすると、ヒックスがお金を出すといってきかない。お世話になりっぱなしだったからむしろ僕が全部出すべきと思いお金を渡しても断固として受け取らない。なんだこの日本でもよくある光景。こういうやりとりは日本の文化ってわけではないらしい。
結局滞在した4日間で一度だけお金を受け取ってもらえた。優しすぎる……。

次の都市、ジョグジャカルタに向かうまで、宿で仲良くなった人とサーフィンをしたり(立てずじまい)、スミニャックを観光したり、バリ島を満喫した。
IMG_0851-1
ヒックス&宿の人達と。

2011年 高等学校教諭一種免許状(英語)取得

昨日、教育委員会から英語の教員免許状をもらってきた。
aaaaaa

僕はもともと情報科の免許を持っており、その免許をもって今高校で講師として情報を教えている。
(あまり知られていないが、情報という教科は平成15年から必修化されており、普通高校でも必ず「情報」という授業を受けなければならない。)
世界一周から帰国して情報の専任の教員になろうと思い、いろいろな都道府県の募集要項を見てみると、情報科の募集がほとんどない。あっても情報科以外の教科の免許を持っている人のみ受験できるという条件付きの募集ばかり。

Wikipediaによくまとまっていたので引用する。
教員採用試験での制約

教員採用試験においては「情報」だけを所有する者の受験を認めない(出願すら出来ない)自治体(例えば東京都では「情報」と数学または理科の免許が必要)が多く、正規採用を受けていない教員においては「情報」を取得後に他教科の免許を追加、あるいは既に免許取得している教科に「情報」を追加することで当該教科の受験機会を得る動きが見られる。
高知県にいたっては一度も情報の教員採用試験が実施されていない。
Wikipedia 「情報(教科)」より。

このような状況になったのはこのような過去から。
理科、数学、家庭、商業、工業など一部の教科の教員免許を持つ人が15日間の講習会を受ければよいというものです。この方法では、2000年から2002年までの3年間で約9000人の教員が「情報」の免許を取得しました。
プログラミングのある生活 兼宗 進
「情報」の教員免許だけではなぜ先生になれない?---「情報」未履修問題を考える(2)
より。

僕らの世代が大学で4年間かけて取得した「情報」の教員免許は、現職の先生方が15日間で取得してたんですねー。よって人員が足りているため募集がない。

という理由から他教科の英語を取得したわけです。
1年で取得できれば理想的だったが、住所不定無職からの切り替え、仕事との両立、通信の大学の厳しさと、何よりモチベーションが上がらないため2年かかってしまった。

ということで英語の教員になるかはわかりませんがラスボスを倒すまであと少し頑張ります。
Profile
Pictures
世界一周ボン
モバイル版はこちら
QRコード
中の人
ギャラリー
  • 8年目2度目の浮気と別れ
  • 8年目2度目の浮気と別れ
  • 8年目2度目の浮気と別れ
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 立山、雪の大谷と雷鳥を見てきた。
  • 本日入籍いたしました。
  • バリ島再び。 2008年 3月11-14日
  • バリ島再び。 2008年 3月11-14日
  • 2011年 高等学校教諭一種免許状(英語)取得
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • 大自然と地獄を堪能できる立山黒部アルペンルート
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島
  • イルカがいっぱい御蔵島