image

居ても立っても居られなくなって、ソニーストア大阪に遊びに行ってきました!
というのは冗談で、
たまたま大阪でソニーの新商品発表会も兼ねたショップ情報交換会に行ったついでに
ソニーストア大阪に行ってきました。

▼関連ブログ
(13.01.21) 防水防塵フラットボディで、薄さ6.9mm、約495gの「Xperia Tablet Z」...
(13.01.23) ドコモから「Xperia Z SO-02E」「Xperia Tablet Z SO-03E」を正式...



image

まず入ってすぐにあるのは、発表された注目の商品になるのですが、
今はやっぱり、「Xperia Z」 「Xperia Tablet Z」でしたね。

今回ソニーショップ ワンズとして、新製品の取材のため
スタッフ関係者となり写真撮影を許可していただきました。
一般の方は写真撮影禁止なのでご注意を。


image

持ってみたら誰もが感じることだと思うんですが、
とにかく薄くて、考えられないほど軽いです。
10.1型の大画面液晶の見た目のサイズ感と、持った時の重さのギャップを
まずは感じるかと思います。


image

なんてったって、薄さわずか約6.9mmという世界最薄のフルフラットボディでで、
約495gという驚異の軽さを実現しているんです。

その厚みはスマートフォンである
Xperia Z SO-02E」の約7.9mmよりもさらに1mmも薄く
世界最薄を実現しているんですよ。

以前SonyTablet Sや 現行のXperia Tablet Sなんかは、
重さを感じさせないために重心を偏らせた設計になっていましたが、
この軽さと薄さは脅威でそんなこと気にする必要は全くないですよ。

ちなみに参考として
Xperia Tablet Zspacer40-1010.1型(1920×1080)、厚さ6.9mm、495g
Xperia Tablet Sspacer40-109.4型(1280×800)、厚さ8.8mm(11.85mm)、570g
iPad Retinaspacer40-109.7型(2048×1536)、厚さ9.4mm、652g
iPad minispacer40-107.9型(1024×768)、厚さ7.2mm、308g

上記の商品をお持ちの方は、10.1型フルHDディスプレイでそれぞれの厚みの差と、
重さを参考に想像してみてください。

もうね、口で言ってもあれなんで、実機が触れるところで触ってみたら感動しますよ。

image

さらに感動したのが、綺麗なディスプレイと快適な操作感に感動。
ほんと、このディスプレイの明るさと色鮮やかさは感動しますよ!

まずはYouTube動画でご確認ください。


一人で操作しながら撮っていたので操作もぎこちなく、
途中ピントがしっかり合っていなくてすみません。
ほんと快適にサクサク動きますよ。


image

個人的にホワイトモデルが気になりましたね。
とりあえず外観レビューをどうぞ


image

ほんとディスプレイは綺麗ですね。発色や色味も問題なし。
角度が変わってもしっかりとした視認性でした。


image

左からワンセグチューナー用のアンテナ。
ヘッドホン端子(カバー)
電源ボタン
ボリュームのプラスマイナス。

「Xperia Z」 同様押しやすいいい感じのボタンですね。

image

防水の関係でヘッドホン端子はパッキン仕様のカバーで隠されている。
そして、一番左のワンセグアンテナがちょっと取り出しにくかったかな。
写真ではちょっとくたびれた感じになっていますね。
たぶん取り出しにくいので爪でガリガリして、展示から2日目でこんな状態に。
この辺はまだ発売までに1ヶ月以上あるので、できれば改善してほしいですね。

image

とにかく、うまく引っ張り出して折り曲げる感じですね。


image

コーナーのディティールです。少し丸みを帯びたデザインとなっている。


image

ホワイトカラーの背面です。
どちらかというと、光沢感は全くなくマットな感じ。
スマートフォンの 「Xperia Z」 とは違って背面にガラスパネルは採用されていないです。
まぁもちろん軽量化のためでしょうけどね。
でもこの広範囲背面ガラスパネルを作用するとちょっと怖くも感じる。
出来れば液晶部分だけで抑えたかったのが分かる気がします。

image

NFCも背面の下部にしっかり用意されている。


image

底面部にmicroSDスロットとシムカードスロットがパッキンカバーで隠されています。

image

個人的にはAndroidアプリで入っていてうれしいのが、ソニーアプリですね。
WALKMAN、ムービー、アルバム、やっぱりこれは欲しいですね。

image

あとスモールアプリが超うれしいです。
今回少しメモがノートに変わって、スクラップブック的なものが作れるようになっています。
フルHDの画面でのスモールアプリは有りですね。
画面の広さを有効に使えます。

image

ついでにブラックカラーもご紹介。
ブラックはクールでかっこよくって良いですね。

あと、サイドの光沢感のある部分に関しては光を当てると少しブルーに感じます。

image

ブラックの背面もマットな仕上がりです。

image

背面カメラです。
有効画素数約810万画素
裏面照射型CMOSセンサー“Exmor R for mobile”

ちなみに前面は有効画素数約220万画素。 

image 

とにかくHDR撮影機能が凄いですね!
僕の頭の後ろに照明があって思いっきり逆光にしているんですが、
フラッシュもライトも付けていないのに明るく撮れます。
もちろん写真だけでなく動画も撮れるのでこれだけでもかなり魅力を感じますね。
動画撮影・写真撮影ともにワンボタンでクイックに操作できるので便利です。
でもこのタブレットのサイズで真剣にカメラするのは微妙なので、
この辺はスマートフォンの 「Xperia Z SO-02E」 で楽しみたい機能ですね。


image

とにかくこの薄さと軽さは最高ですよ。

image

清潔感のあるホワイトもいいが、クールなブラックも良い。
かなり悩んじゃうところですね。

みなさんも、ソニーストアで実機をチェックしてみてくださいね。

あと、ちょっとあつかましいお話なんですが、
もしソニーストアでアクササリーなんかでもお買いものされる際には、
ワンズショップコード:2029001
をお伝えいただいてご注文いただければ、
ワンズを通して お買いものしていただいたことになります。
このブログでのレビューもそういったソニーストアさんとの業務提携での
アフィリエイト収益にもなっているのでご協力いただければ幸いです。

これからもブログでのレビューもがんばっていきたいと思うので
よろしくお願いいたします。


それにしても、
この商品 「Xperia Tablet Z」のWi-Fiモデルでも出てくれないかなぁ。
こんなに完成度の高い商品をお店で販売できないのは悔しいです。
もちろん僕もDocomo×ソニーモバイルブランドではなく、
ソニーとしての商品として高くても手に入れたい商品ですね。
なんかいい話出てこないかなぁ〜。期待して待ってみようっと!

以上 「Xperia Tablet Z」商品レビューでした。



▼関連ブログ
(13.01.21) 防水防塵フラットボディで、薄さ6.9mm、約495gの「Xperia Tablet Z」...
(13.01.23) ドコモから「Xperia Z SO-02E」「Xperia Tablet Z SO-03E」を正式...


image
Xperia Z SO-02E活用ガイドブック (日経BPパソコンムック)

image
Xperia Z コンパクトマルチアングルカーマウントホルダー 車内 ナビ スタンド

image
SANDISK製 マイクロSDカード 64GB SDSDQUA-064G-U46A


image61222222222[2] 
VAIO Duo 11(Windows 8 搭載)
image31255322222222522222222[2] 

image2332222222222224222222222
VAIO Tap 20(Windows 8 搭載)
image292222222322224222222222 

image
ネットワークレコーダーメディアストレージ「nasne」<ナスネ>


image112[2] 

ワンズのホームページへ