おススメ図書

2009年12月28日

須賀敦子を読む





先日のICAROのガールズ会。

お友達が教えてくれたこと2つ。

ジュリア&ジュリーって映画。

アメリカの料理研究家の話。

それだけじゃない。

メリルストリープって聞いて飛びついた。

さっそく見に行こうっと。


それからもう一つ。

須賀敦子。

イタリアに住んだ人ならだれしも経験するような事柄を、

見事な一文にしてつづると話す友人の話しぶりに、

強烈にひきつけられた。

それから、年代別に最初から読めば良かった・・・とのアドヴァイスに

のっとって、

さっそくamazonで、購入。

須賀敦子全集 1巻〜8巻まで。


この年末年始の宿題にしよう!!

しかもこの年末年始に、BSで昔チラ見した、

須賀敦子の軌跡をたどるイタリア紀行が2回にわたり、

再放送される!!

もちろん録画予約はバッチリ。


毎回、実に有意義なこのガールズ会。

みんなイタリアにすんでいたことのあるって共通点があり、

でもイタリアへの時期はバラバラで、日本で知り合った。

やはりイタリアを介して。

ホントにイタリアはいつまでも末永く私にいろんなものを

与えてくれる国である。


次回は日本橋のお蕎麦屋さんで飲み飲みの会。


明日から極寒の地、軽井沢行ってきま〜す。

valenza1 at 01:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2008年03月17日

大人の名古屋Women3/17発売

さっき帰ってポストを見たら、来てました

DSC03189







先月した雑誌のお仕事。

阪急コミュニケーションズの大人の名古屋Women

3月17日発売です

名古屋の皆さま、ぜひ買ってください



DSC03190







目次の、ココ

COLUMN⊆蠅澆笋欧砲覆襪菓子レシピ・・・P54

ってとこです。


巻頭ページに、今月予約を入れてる、

今、話題のフレンチビストロ in Nagoyaの

SALLE a' MANGER de KAJINO
サラマンジェ ドゥ カジノ さんが載ってて感激。

店内ショッキングピンクで、まるでパリの個性的なビストロのようで、

好き系この内装。P16 これは買って見てね。

で、次。

私登場。

DSC03191







先日やった別の雑誌のゲラが上がってきて、

私がデブに写っててショッキングだったけど、

これはスマートに写ってる

ハイっやっと本題。

DSC03192






カップケーキ

ミニチョコタルト

チェンチ


を手土産用ラッピングとともにご紹介してます。

レシピ付きです。

ぜひお試しあれ

ちなみにカップケーキのデコレーションは

カラーチョコレートです


お菓子のデザイン考えたり→ここクリック

撮影ルポ→ここクリック

の苦労は過去ブログでね。


そうそう今日のソロモン流はマロンちゃんだったから、

撮影のテーブルのスタイリングの重要さに共感したわっ


お洋服のデザイナーも、フードスタイリングも、

中性的なキャラの方は、センスに妥協がないのね。

ステキ

valenza1 at 01:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年01月03日

モチベーションアップ!

新年だし、最近たるんだモチベーションアップに

買い込んだ本。

読破します










明日は神田明神。

ぬかりなし(笑)




岸摩弥子のイタリア料理&ワインレクチャー
Ecole de Luxエコール・ド・リュクス
連載Lesson1〜Lesson4
ここクリック

valenza1 at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年04月19日

造顔マッサージ〜田中 宥久子氏〜





この方をご存知ですか?・・

私の大好きな林真理子氏のエッセイ(an an)で、顔筋マッサージでほうれい線が消えたとのくだりに興味津々

顔筋マッサージって何??????

そこは情報の宝庫ジャルディーノ。頼りになる。

美容情報ならなんでも聞けとばかりにインタビューすると、東京のスタッフはすでに体験済み。

名古屋のスタッフにこの田中 宥久子氏の情報を教えてもらった。

さっそく購入

これはスゴイね。

どんな高価な美容液より即効性を信じられる

しかもDVD付(笑)


さっそく真面目にしつこく実践したワタクシ。

効果は即効だったけど、とにかく、力持ちな私の圧力は強すぎた様で、今日は顔が痛くなった。。。。。

東京のスタッフのM子ちゃんにもらしたら、

『そりゃー力入れすぎですよー』と爆笑されてしまったわ

お気をつけあそばせね続きを読む

valenza1 at 00:50|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

2007年03月19日

イタリアワイン

久々のおススメ図書である。



先日イタリア文化会館であったイタリアワインの試飲会はイタリア全土から高級ワインメーカーのワインばかり集まるかなり価値あるワイン会の全3回中、2回目で、トスカーナ州を含む中部イタリアを特集していた。

想像していたワイン会はいつもの業者向けの試飲会のように、何十種類も口に含んでは捨てて・・・・と思ったら大間違い。

何と、味わうワイン会であった。

多少だけれど料理もあって、何とカンツォーネのコンサートまである。

ささっと試飲して次のパーティーに行く予定が、9種類じっくり飲むハメになり、しっかり時間がかかってしまった。

そこでの収穫。
なんとあのイタリアワインの本でお馴染みの有名人『林 茂』氏がいらしていた。さっそく著書にサインをもらった

彼の初版のイタリアワインという本は私がイタリアから帰国後すぐに出版され、当時、イタリア語の文献を訳して使っていた私にとって、初の日本語のイタリアワイン資料としてとても重宝したのだ

そんな林茂氏の改訂第3版のイタリアワインが新しく出版された。
サントリーのイタリア駐在員としてイタリアに13年も滞在して、イタリアソムリエ協会のソムリエ資格をもつ、著書多数のスゴイ人なのだ。
これも引力かしら
と勝手に誤解。

とにかく、これは辞書代わりですよ。
とってもいい本だからおススメです
本サイン











4月はピエモンテの高級ワインメーカーGAJAが試飲できるので、当然次回のチケットもすでに購入済み

valenza1 at 02:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年08月13日

読書の軽井沢

南原社長の超盛大な出版記念パーティーを最後に軽井沢へ来たわたくしのもとに届くメールはのどか。

キャンプに行く友人からの問い合わせだという。
『塩釜焼きの塩と卵白の分量は?』

料理と無縁の女性が一念発起してキッチン用品を買い集めた。
『(私の著書)本に書いてあったカッチャトーラ(鶏の猟師風)作ったらびっくりするほど美味しくできた

噂の眼科医からは
『雇っている8人の女性がしょっちゅうモメる。有効策は?』
『外国エアラインみたくゲイを一人グループに入れるとなじむよ。』

去年今年で3回目だという。。
『これからオーストラリア行ってきます』
い〜な。

今回は読書の軽井沢。

イギリスへ仕事の本拠地を移してしまうという南原社長。
うわぁこれでお別れなのねと思ったら急に悲しくなり、著書を全部買い込み読破中。
『なぜ彼女は愛されて仕事ができるのか』他3冊
さっそく今から実践しようと思う。

友人の心理学者の推薦図書、蝶々の『小悪魔な女になる方法』
わたくしすでに95%実践済み。
ウチに通う迷える子羊ちゃんたちに言いたかったこと、つまりこういうこと。
お見事って本。

『神の雫』の7巻。
おもしろい。

『パスタの迷宮』。
仕事がらみ。

軽井沢は涼しい。
読書がはかどる。
すっかり夜更かし。

valenza1 at 02:36|PermalinkComments(7)TrackBack(0)

2006年07月25日

白州次郎さんて知ってる?

軽井沢にもゆかりのあるお方。

先日、TVで『明石家さんま、白州次郎に会いに行く』って番組、見た人いるかな?

私も他の番組と行ったり来たりしながら見ただけだから、全部は見てないんだけど、今回、軽井沢で読んだ本。



相当面白かった。

超〜かっこいい

軽井沢ゴルフクラブの謎も解けたし。
ここの会員は本物の金持ちだっていつも話してたけど、やっぱりそうだったかぁ

ま、それだけじゃないんだけど、戦前戦中戦後、よくもまぁっていうバリバリバリューさんの話です。

valenza1 at 05:22|PermalinkComments(8)TrackBack(0)

2006年04月23日

神の雫5

ワイン好きでなくとも楽しめる本。

普段、一切マンガを読まない私が唯一読んだほど。

イタリアのワインもでてきてすごくおもしろい。

何も知らない人でも凄いといわれるワインを飲みたくなるかも?

ちなみにミアーニもでてきますよ。

それにしてもいつの間に5,6巻がでたんだろう

まだ4巻までしか読んでない






valenza1 at 10:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2006年03月19日

春の京都情報5

そろそろ桜の季節。

京都に誘われる方も多いのでは?

そこで気になる京都情報。

本、買っちゃいました。

以下2冊です。
ちなみに今、文庫本になったダヴィンチ・コードにハマってます。








valenza1 at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年12月21日

年末年始の挑戦!!5



イタリア在住作家、塩野七生さんの全23巻!?(まだまだ続くのかな)の
『ローマ人の物語』に挑戦することに決めた。

塩野七生さんの本というと歴史物で難しい印象で、ずっと敬遠していたのだけれど、最近読書のピッチが上がり続け、一日一冊くらいのスピードで読んでしまう。

買っても買っても追いつかない。
いつもamazonで購入♪
軽い読み口のものでは物足りなくなり、ついにこの挑戦と相成ったわけだ。

がんばるぞ。
と決意表明。

valenza1 at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月14日

読書の秋3

軽井沢で読もうと本を買い込んだ私。

あんまりおもしろくって、軽井沢に行く前に全部読んじゃった。

以前紹介した本を「買いました〜!」という嬉しい生徒さんからの報告に
気を良くして、さらに以下3冊をご紹介。

1つは『社長失格−ぼくの会社がつぶれた理由』
IT社長の繁栄から没落まで。
まるでジェットコースターに乗っているかのようなドキドキとテンポの良さ。
同時にぞっとするようなお話。
おもしろかった。。。


2つ目は軽井沢が舞台の小池真理子の恋愛小説。
『冬の伽藍』
恋に悩んでいる方へ。新たな恋愛哲学が生まれるかもです。
辻仁成のサヨナライツカを読んで以来の涙、涙。。


3つめは『キッチンコンフィデンシャル』
私にはコックの友人がいるから大してビックリはしなかったレストランの厨房の内情が衝撃的に描かれているかも。
レストランオーナーへの手厳しい分析に「痛痛っ」。


おまけ







valenza1 at 04:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2005年11月10日

デビュー作!?5

3eb07845.jpg

空間デザイナーとしてデビューしましたー(笑)

以前、ブログでも発表しました、『最新レストランの空間デザイン集』が出版されました!!
5800円の前頁カラーの豪華本です。
その224〜225ページ見開きにリストランテ・ヴァレンツァが紹介されてます。

お教室にこれ見よがしに置いておいたのでご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。

なんと、設計者 岸摩弥子になってます(笑)

ま、そうはそうなんですけど。ふふふって感じです。

最近出たばっかりなので、本屋さんで見かけたら是非ご一報ください!!



valenza1 at 00:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月18日

本の売れ筋ランキング☆

アマゾンの本の売れ筋ランキング!!
私の本はただ今イタリアンレシピのカテゴリー中33位です♪

見てみてね☆
http://www.site-navi.com/gourmet/book/11.html

ランキングアップ♪♪






valenza1 at 01:47|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2005年09月13日

愛読書☆

私のお気に入りはサクセス本で、子供の頃の愛読書は伝記(笑)。

で、今はビジネス界の成功者の本なんかを楽しく読んでます。

ここ6年くらいずっとよく手にする本をご紹介しちゃいます。
こんな本読んでるのかと思われるとかなりの変人かと思われがちですが、
変人はもう一人いまして、私のイタリア時代からの親友も愛読してます(笑)。

『お金のことにくよくよするな』


これってお金のことはともかく、精神論なんですよ。
いろんなことがあったとき、人生の岐路に立たされたとき、取り出しては読む本です。

もう一つは、もう一人の変人もこよなく愛する本。
『欲望が100%かなう一番の方法』


こんな本をハワイやグァムのビーチでごろごろぐーたらしながら、
真剣に読むのだから笑っちゃいます。
でもこれ、小さな魔法でよく使います。
小さな願望はこれで次々叶えてます。

これで岸摩弥子の秘密がほぼ明らかになったといっても過言ではありません。
なーんてネ。


valenza1 at 11:20|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

bar-mオープニングパーティー

先週の水曜日、私のレストランだったヴァレンツァの後にbar-mがオープンしました。
bar-m(mayakoのm) ウソです(笑)
とってもコヨーテアグリーなbarです。

そのオープニングパーティーで何とマネーの虎に会っちゃいました。
お隣で飲んでいたのにも関わらず全然気づかなかったのですが
帰り際、bar-mの社長陣に紹介されたのです。
六本木を始め、都内に飲食店を何店舗も展開している社長さんです。
なんとその社長さんも軽井沢にゆかりのある人物だそうで。。

その後、一緒に行った仲間と食事をすることになっていたので、
せっかくだからと社長さんの店をご紹介いただいて、行ってきました。

江戸前そばと豆富の店『さが』です。8時と、10時にできたて汲み上げ
ごま豆腐が場内アナウンスとともに桶で店員さんがまわるという
パフォーマンスもあり、楽しい店でした。
後で、社長さんもお打合せがあるとのことで、お店にいらして、
ごま豆腐、ご馳走になりました。おいしかった〜。


追記です。

そのマネーの虎って誰よ?っていう質問があまりにも多く、
社長の著書を紹介させてもらっちゃいます。








 

valenza1 at 01:42|PermalinkComments(0)TrackBack(1)