ども。
新年初更新ですね。


今回扱っていくのは、


あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落とし方

_SX365_BO1,204,203,200_


   著:広ノ祥人
イラスト:うなさか


あらすじ


完全無欠な優等生だが、高圧的で性格はキツく毒舌ばかりの生徒会長・氷室涼葉。そんな彼女に想いを寄せる副会長・田島愛斗は、ある日彼女の言葉の裏に隠された“本当の気持ち”が聞こえるようになっていた! そんな涼葉の本音――それはなんと、あの辛辣でキツい態度や毒舌の何もかもが建前で、本当の彼女は愛斗にべた惚れだったのだ! お互い両想いとわかって喜ぶ愛斗。解答付きの恋愛ならハッピーエンドなんて楽勝だよね! ということでさっそく告白をしたものの……断られちゃった!?
MF文庫Jが贈る、答えがわかっているのにすれ違っちゃう捻れ系青春ラブコメ開幕!



新年一発目からなかなかいい作品に出会えました。

ガッツリラブコメかと思ったらちょっとファンタジーな作品です。


容姿端麗成績抜群の完全無欠。(ただし運動はできない)だけど高圧的で毒舌なメインヒロイン、氷室涼葉のことが好きな主人公の田島愛斗はその毒舌を毎日のようにもらっており、完全に脈なしだと思っていました。


ところがある日、いつも毒舌な氷室さんの声と、もう一つの声が聞こえるようになりました。
それは氷室さんの心の声で、なんとそれは"主人公にベタ惚れな氷室さんの声"だったのです。

もうこれが聞いてる側が恥ずかしくなるほどデレデレで、思わずこちらもニヤニヤ。


ちなみになぜ聞こえるようになったかというと、ある神社の神様であるナンナの仕業。なんと氷室さんはこのナンナのいる神社にお賽銭五万円を使って恋愛成就をお祈りしていたのです。えぇ...



そんなこんなで氷室さんの心の声、つまり本音が聞こえるようになった主人公。
両想いならと意を決して告白します。


が、しかし失敗。

この氷室さん、恋愛というか人との関わりが不器用すぎるんですよね。


そんなめんどくさい氷室さんに告白を成功させるために主人公は色々やります。



この作品、主人公めっちゃいいやつなんですよね。
成績も氷室さんに次いでトップクラスだし、ヒロインたちへの対応も完璧のそれ。
(ちょっと鈍感なところを除けば)

一途だし、よくいるイライラさせられるタイプの主人公じゃないのは個人的にすごく好感点です。


むしろイライラさせられるのはヒロインの氷室さんかと思いきや、
心の声がデレデレすぎるので終始ニヤニヤしっぱなしです。


あとは、この作品は人付き合いが下手なヒロインの成長物語でもあります。
続刊が出るかはわかりませんが、一巻の段階では成長をしっかり遂げています。



実際に喋っている声と、心の声があったり、言い回しがちょっと変だったり、少し読みづらさを感じることもありますが、新人賞なのでこれからでしょう。
むしろそれを考慮してもとてもいい作品だと思います。


新年早々完成度の高い砂糖に出会えてとても良かったです。


ということで今回はここまで。

ではでは。