遠い海・遠い街

へたれ爺のGraffitiです。

重松 潔さんの小説です。一人息子旭が3歳の時、事故で母親が亡くなった後、旭が結婚するまでの、親父のヤスさんと旭の生活を描いています。ほのぼのとして、暖かくって、ほろっとして・・・・こういう話って、ストーリーに引き込まれて寝る間も惜しんで一気読み、と言った事 ...

何だか無性にあそこの揚げパンが食べたくなったので、揚げパンライドして来ました。予報では、晴れの筈なんだけど、曇りな朝。平塚から北上して伊勢原に向かうが、大山も丹沢も雲の中でなーんにも見えない。昨日の雨で湿度が高かったところに朝冷えたので・・・・と言っても ...

清水 潔さんの、足利事件と言われた幼女誘拐殺人事件の取材に基づくドキュメンタリーです。足利事件を覚えている方も多いと思いますが、幼女が誘拐殺害され、菅谷さんが逮捕された事件です。逮捕の根拠は、DNA鑑定と自白でしたが、17年投獄された後のDNA再鑑定で犯人ではな ...

一昨日、昨日とSWの強風で自転車活動できず。今日も昼には、SWの風が上がって来る予報だけど、天気図を見ると、風が上がると言っても、一昨日、昨日ほどでは無さそう。少なくとも、朝の時点では、まだ10m/sを越えてはいない。それで、今日の作戦は、風が上がる前に西に走って ...

香納諒一さんの推理小説です。7年前の幼児誘拐事件、誘拐された幼児は、生きているのか??その事件の捜査を行っている刑事の周辺で興信所捜査員とか不動産屋とかが殺害される。更には、贈収賄で県知事が逮捕されたり、DVの話が出てきたりで、もりもりのてんこ盛り。ちょっと ...

北村 薫さんの山紀行短編集です。出版社の副編集長そして編集長になったアラフォー女性がふとした切っ掛けから山女子になり、あっちこっちの山に行くと言ったお話。北アルプス表銀座とか、麦草峠・高見石とか、太郎平とか、アタクシも歩いた山もあったりして、また山にも行 ...

あけましておめでとうございます。毎年恒例の初日の出ライドして来ました。2009年に初日の出ライドを初めて、今年で10回目になりますが、毎年ちゃんと初日の出見られています。我が家が良い年になる事は勿論ですが、皆様方も素敵な1年になるように念じて来たので、きっと素晴 ...

重松 清さんの死をテーマにした短編集です。短編集と言っても最後の3つの”その日の前に”と”その日”と”その日の後で”は連続した話です。そして、その前の短編も、ちょっと繋がってたりして・・・・中学生と小学生の男の子を持つ4人家族のママが末期ガンで余命宣告され ...

5月の事故でフレームが折れた黒盛君が6ヶ月振りに復活。今年の12月は、メッチャ寒かったし、月末になると、家の掃除とか、年賀状とか色々せにゃいかん事も多く、やっぱそれ程は走れないけど、まあ1,000km以上は走れたのでOKです。年間走行距離は、昨年は、1.7万km以 ...

年末は、餅つきとか、大掃除とか色々あってここの所自転車に乗れていなかったけど、一昨日、昨日と頑張って大掃除をやって、ほぼ95%くらいは終了したので、今日は、6日振りの自転車活動で、三崎まで三浦大根を買いに行って来ました。冬晴れの良い天気。朝は、2℃くらいまで冷 ...

森沢明夫さんの岬にひっそりと佇むコーヒーと音楽が売りの喫茶店に集う人たちの人間模様を描いたオムニバス小説です。なんとも優しくて、温かくて、ほっこりして、ちょっとホロっとしたりして・・・・嘘笑いでも笑うと心が豊かになって、落ち込んでる時でも前向きな気持ちに ...

中村 啓さんの警察小説です。六本木の喫茶店で爆弾事件が発生、その裏に潜む巨悪の陰謀・・・・と言ったお話。登場人物は、屈強な女格闘家の刑事とか、やくざが警察手帳を持ってるみたいなヤバイ刑事とか、その他色々で、とっても個性的。そして、爆殺事件と言った派手な展 ...

黒盛君が復活したら1度行こうと思ってた大野山、たまたま平日友の会のH本さんから大野山に行かない、ってお声掛け頂いたので、今日大野山に行って来ました。山北に10時半集合なので、8時前に出発。冬晴れの良い天気。でも寒!!山北に近づくと正面に、今日の目的地の大野山 ...

一昨日、5月23日の事故でフレームが折れた黒盛君のフレーム交換修理が、完了しました。外しておいたサイコンとかボトルケージとかライト類の取り付けは、昨日やっておいたのですが、昨日は、天気怪しいので復活ライドはせず、今日行って来ました。この半年間乗っていた赤兵衛 ...

11月は、割と雨が少なかったので、良いペースで走れて、若しかしたら久し振りに1,400〜10,500kmくらい走れるかと思ったんだけど、月末に体調不良とか雨で走れない日が多く、結局は1,200kmを越えた程度になった。今年は、紅葉当たり年の様で、箱根なんか、とっても綺麗な紅葉 ...

10月9日に箱根に行きましたが、千条の滝のモミジは、まだ青々としていて、全然紅葉していなかった。それでも、先週あたりには、そろそろ綺麗に紅葉しているだろうと思って行きたいと思っていたんだけど、体調不良とか、雨だったりとか、その他用事があったりで行けなかったん ...

遠田潤子さんのサスペンス小説です。街の掃き溜めの居酒屋の主人の藤太、藤太を1人の少女を連れて25年振りの訪ねて来た幼馴染の秋雄、そして、少女の母のいづみ。その3人が背負った凄惨な過去とは・・・・と言った話。殴られても、弄ばれてもひたむきに頑張ろうとする3人には ...

今日は、大山寺の紅葉見物に行くつもりで、8時頃に赤兵衛君を外に出し、タイヤのエアチェックなんかをしたんだけど、メッチャ寒!!その寒さに怖気づいて気合いダダ下がり。暫く暖房の効いた部屋でグダグダしてたんだけど、これじゃいかんと言う事で、9時前に出発。曇り空で ...

誉田哲也さんの、ジャンル分けするとこう言うのもサスペンス小説とか、犯罪小説って言うのかな。旅行会社に勤めていた主人公、パワハラとか何とかで深酒し、挙句の果てに覚せい剤で逮捕。職を失い、そして、泣きっ面に蜂で済んでいたアパートが火事で焼け出されてしまい、転 ...

いよいよ紅葉の季節になって来て、紅葉情報でも、箱根美術館は見頃、強羅公園は色づき始めと言った感じになって来ています。でも、箱根美術館と、強羅公園ってすぐ隣接してるんだけど、見ごろと色づき始めとちょっと違ってるんだけど何でなんだろう・・・・まあ、そんな事を ...

真山 仁さんのやっぱりこう言うのもサスペンス小説って言うのかな。東日本大震災が起きて、取材の為現地に入った新聞記者が、津波で死亡した被災者の中に、13年前の殺人事件の犯人と思われる人間を発見し調査を始める。そして明かされる殺人事件の真相、と言った話です。本 ...

先日、物損保証が決着したので、保証金の振り込みはまだですが、早速フレーム交換修理を発注しました。発注した店は、辻堂テラモのセオサイクルさん。事故後、修理見積とかで最初に行ったのは、当然の事ながら自転車の購入店に行きました。それで、フレーム交換の見積もりを ...

堂場瞬一さんの警察小説です。警視庁の刑事が銃撃されて重傷を負う事件が発生し、その犯人を追う刑事たちの話です。最後は、拳銃を持った銃撃犯の捕り物劇で、それなりの緊張感もあったし、話としてもそれなりに面白くはあったけど、全体としては、ちょっとスピード感みたい ...

葉山で後ろから来た軽トラにぶつけられ、跳ね飛ばされて、すぐ前の家の壁に激突し、クロモリロードのフレームが折れてしまったあの事故から5か月以上経ってしまいましたが、自転車修理費用を全額出してもらうと言う事で、やっと物損保証の決着が付きました。5か月以上も時間 ...

10月は、月中頃が毎日雨で、月の半分以上は雨だった様な・・・・それで、月間走行距離も、1,000kmは行かないだろうと思ってたけど、何とか1,000kmを越えられた。雨で余り走れなかったけど、月頭には、ツール・ド・三陸に参加し、その後三陸をサイクリング出来たし、月末には ...

堂場瞬一さんの警察小説です。失踪人捜査課、失踪人捜査の専門部署として設立された部署だが、実態は役立たずの厄介部署。そこに配属された、ある出来事を切っ掛けに酒浸り生活を送るベテラン刑事、玉突き人事で割を食った勝気な女刑事、上昇志向の強い女室長・・・・現実的 ...

先日の水曜に行こうと思ってた日光紅葉見物サイクリングは、雨で止めましたが、昨日行って来ました。日光からは、金精峠越で上越新幹線の上毛高原まで。金精峠は、国道標高3位で、1位の渋峠、2位の麦草峠は既に走っているので、これでTop3を制覇です。5時4分の一番電車でGo。 ...

明日の25日は日光紅葉見物ライドに行こうかと思ってたんだけど、天気図を見ると、本州の辺りが、東と西の高気圧の間の谷間になっていて、何か怪しげ・・・・って訳で、日光は延期して、今日は、しっかり走る事にしました。晴れ予報の筈なんだけど、曇り空。さてと、何処に ...

モーレツ台風21号が、今日の夜明け前頃我が家の辺りを直撃通過。夜中の間、家が振動するほどではなかったけど、風がビュービュー、ゴーゴーと唸りを上げていた。朝起きた時は。大分収まっていたけど、新聞を取りに外に出たら、屋根の棟と思われるブリキ板が落ちてた。周りの ...

1988に大林監督、風間杜夫主演で映画化された山田太一さんの本です。まあ、現代版の怪談話なんですが、結局のところ、山田太一さんは何を表現したかったんだろーー??お奨め度; ★★★☆☆ ...

このページのトップヘ