トップページに戻る

暗中模撮 #アンチュウモサツ

当ブログは2010年6月1日をもって移転いたしました。
移転先:「暗中模撮」 http://slitd.blog.so-net.ne.jp

mamiya RB67 + sekor 65mm F4.5 / NEOPAN 100 ACROS

RB67での記念すべき一枚目。

2009年06月05日 18:32 │Comments(6)Sekor 65/4.5RB67
コメント

arata at 2009年06月05日 23:08
わーい。繊細だーっ。
パチパチ。

>>arataさんへの返信 at 2009年06月07日 22:37
でしょう、でしょう!?
いやあ、スキャンして拡大してみた時の感動は凄かったです。コレも、600dpiに縮小してアップするのがもったいないくらい。シャープネスも実際より強くなっちゃってます…。ホントはもっとなめらかに細かく解像してるんですよ。
2MBまでしかアップできませんから仕方ありませんが…。一部だけでも切り出して2400dpiでアップしてみましょうか?

それに、一枚目にこの木を選んだのはこの解像感を確かめたかったというのもあるんです。いやあ、これ撮れただけで67買って良かったと思えますね。

模糊 at 2009年06月08日 19:08
おお、マミヤRB67ですか!
記念すべき第1号写真おめでとうございます。
実は私は銀塩時代にこのカメラも少し借りて使いました。
そして買ったのは、ゼンザブロニカGS-1という67カメラでした。
じっくり撮るのにはフィルムなら中判の67が最適だと思います。
結局、私はフィルム中判を使いこなせず手離したのですが、それがトラウマになっています。
現在は、じっくり撮りにフルサイズデジカメでリベンジすべく思っているのですが、果たして・・・(笑)

>>模糊さんへの返信 at 2009年06月09日 20:47
大きさ重さもありますが、やはりこのクラスになると少しでも画質を上げたいということからか、じっくり撮るようになりますね。まあ、じっくりというか、最初のこの一枚は緊張して10分くらいかけてしまいましたが…(笑

フルサイズも、2000万画素オーバーになると中判並みのシビアさになるという話ですね。一度中判を体験すると、その割にファインダーが力不足なのではと思えてしまいますが…(そのためのLVですね)。

arata at 2009年06月11日 00:55
Flickrにデカイのを!

>>arataさんへの返信 at 2009年06月11日 02:00
プロアカウントじゃないから長辺1024pxまでしかアップできないのです…。何か手を考えてみますね。

名前 URL コメント