映画「15時17分、パリ行き」を観てきました。
15時17分、パリ行き


実話の映画化。 しかも事件の当事者本人が出演という作品です。

幼馴染みの3人が、旅行先で遭遇したテロ事件。

余計な演出をしないことが、近年のクリント・イーストウッド監督の持ち味ですが、今回はそれを更に研ぎ澄ませたものとなっていたと思います。



とても素晴らしい映画でした。