今週から仕事が始まりクタクタ('A`) ですが子どもたちのかわいらしい仕草に癒されながら頑張れております。(●´ω`●)

space_rocket_kids

さて今回は幼稚園エピソード、園の特色についてまとめてみました。


まだ本編を読んでいない方はこちらから⇒ 保育士、幼稚園の先生になりたい方へ

園によって特色は様々なのです



私は今の保育園に勤める前に2つの幼稚園に勤めました。

2つの園は同じ年齢の子どもを保育しているにも関わらずやはり特色が

濃い!?強い!?

そんな2つの園で私が驚いたにも関わらず慣れていったものを紹介致します。


①園の子どもが般若心経!?


はい、その通り子どもが般若心経(はんにゃしんぎょう)を唱えるのです。

もちろん先生も一緒に。

これは仏教精神に基づいた園の方針で,

卒園式やさまざまな行事、会集で唱えます。

毎日朝の仏参でも唱えます。(仏参という名の朝の会)

私も長すぎて無理と思いましたが、これが言えるようになるんですよ。

最初はこのような儀式的な事に驚きましたがこれもやはり慣れるんですよね。

仏様に愛着すら湧いてきます笑。

合哨


②幼稚園なのに習い事教室!?


通常保育終了後に課外教室があります。

今はどうかわかりませんが私が働いていたときは、

英語、算数、国語、スポーツ教室、バレエ、バトン、習字、絵画、リトミック

などがあります。

す!すごい!これに加えて延長保育の預かり保育があります。

幼稚園にいながら習い事もできる

しかも 帰りのバス付き!

これすごいですよね。

もちろん先生はそのお手伝いをしたりします。

園にもよりますが色んな分野での学びは自分の力になりました。



③壮絶!?子どもの鼓笛隊!!


年長にもなると様々な行事で華を飾ります。

私が驚いたのは鼓笛隊のおけいこです。

先生達はまず楽譜を作る段階から大変です。

そこから誰にどの楽器をしてもらうか、そしてどうやって指導するのか。

運動会での鼓笛隊は楽器を演奏しながら歩いたり並んだり形を作ったりします。

生まれてわずか5年でそんな事が出来るようになるんですよ。

凄いですよね!   
顏4人
それはさておき、先生達はこの鼓笛隊に命でも掛けているのかと言う程  熱が入ります。

リズムを打つ手は次第にイライラし始め子ども達に「もっともっと」を求めます。

いいものをつくりたい見せたい、という思いが強くなります。

そんな先生の思いに必死に応えようと子ども達は食らい付いて頑張ります。

運動会は10がつ

夏休みが終わるとすぐおけいこが始まります。

暑い中重い楽器を持ち、子ども達は奏でるのです。

そして一つの音楽を作り出すのです。



というように園の中で力を入れていること、目玉にしていることがさまざまにあります。

上記はまだまだ氷山の一角です。

色んな園があるだけ色んな保育、行事、取り組みがあります。

是非参考にしてください。



こちらの記事も読まれています



カテゴリー一覧はこちら



ブログランキングに登録しています。
良かったらクリックして応援してください。
1ポチで1投票はいります(*^-^*)
⇩⇩⇩⇩
にほんブログ村 子育てブログ 子供の習い事(親)へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
 

PVアクセスランキング にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット